So-net無料ブログ作成
検索選択
本屋大賞 ノミネート ブログトップ

本屋大賞 ノミネート [本屋大賞 ノミネート]

2012年本屋大賞のノミネート作10作品が23日発表されました。

山田風太郎賞を受賞した高野和明さんの「ジェノサイド」(角川書店)や、文庫本としては初ノミネートとなる三上延えんさんの「ビブリア古書堂の事件手帖てちょう」(アスキー・メディアワークス)などがノミネート。

書店員の投票を経て、4月10日に大賞が発表されます。

候補は次の通り。

▽高野和明「 ジェノサイド 」(角川書店)

▽三上延えん「 ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち  」(アスキー・メディアワークス)

▽万城目学まきめまなぶ「 偉大なる、しゅららぼん 」(集英社)

▽中田永一「 くちびるに歌を 」(小学館)

▽宮下奈都「 誰かが足りない 」(双葉社)

▽小川洋子「 人質の朗読会 」(中央公論新社)

大島真寿美「 ピエタ 」(ポプラ社)

▽三浦しをん「 舟を編む 」(光文社)

▽百田尚樹「 プリズム 」(幻冬舎)

▽沼田まほかる「 ユリゴコロ 」(双葉社)



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
本屋大賞 ノミネート ブログトップ






この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。