So-net無料ブログ作成
伊藤英明 セレブ生活 ブログトップ

伊藤英明 セレブ生活 [伊藤英明 セレブ生活]

映画『海猿』シリーズで人気の伊藤英明(36)が馬主デビューしたそうですが
はからずも、そのセレブ生活が明らかになりました。

30代半ばという若さで、馬主になるからには相当な資産を持っていることは明らか。
噂では、1億円を超えるのではないか、との噂も。

THE LAST MESSAGE 海猿 プレミアム・エディション [DVD]






THE LAST MESSAGE 海猿 プレミアム・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD


1月15日、初出走を果たした伊藤の愛馬の名前は『ソードブレイカー』号。
約10年前に、漫画誌で連載された、コミックのタイトルが名前の由来だそう。

ソードブレイカーの父は、名馬ディープインパクトで、購入した価格は3千万円弱らしいですね。
ディープインパクトの子供としては、比較的お得なお値段だったと競馬関係者はコメントしているそう。


実は、お金があるだけでは馬主にはなれない。
だからこそ伊藤が30代半ばという若さで、馬主になったことが話題になっているんですね。


競走馬の個人馬主になるのは、そう簡単なものではなく、まず2年連続で1千800万円以上の所得があった者が条件としてあり、そして資産額が9千万円以上ある者というハードルがあるのだそう。
セレブな資産家だけが馬主になれるという。

半年近くもかかったというその厳しい審査をパスして、晴れて昨年12月に“馬主”として登録された伊藤。
ソードブレイカーの初レースは惜しくも9着だったが、愛馬とのセレブな奮闘の日々は続く――。


3部作映画で大ヒットした「海猿」の主演をつとめCMの仕事が舞い込む伊藤ならば、馬主の資格も軽くクリアしているはずですが、芸能界の馬主はというと、超大物ばかり。
 
AKB48の秋元康、演歌歌手の北島三郎、タレントの志村けん、俳優の小林薫、陣内孝則、歌手の前川清、和田アキ子ら、そうそうたる面々が名を連ねているが、伊藤と同世代の芸能人はいません。


伊藤が馬主免許を取得したということは、趣味の域を超えてすでに“第2の人生”のことを考えているのかも!?

とはいえ、このところ、芸能界の大物たちの所有馬が大きなレースで勝利したというニュースは聞こえてこない。
 
それだけに、伊藤の競走馬には大きな期待が寄せられたのですが、残念ながら初戦の結果は9着に。

もっとも、名馬ディープインパクトの子供といいますから、これから賞金を稼ぐことは間違いないのかも知れませんね。

共同馬主を楽しむ




共同馬主を楽しむ

  • 作者: 増田 隆宏
  • 出版社/メーカー: 競馬通信社
  • 発売日: 2001/08
  • メディア: 単行本

タグ:伊藤英明
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能
伊藤英明 セレブ生活 ブログトップ






この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。