So-net無料ブログ作成
運命の人 2話 感想 ブログトップ

運命の人 2話 感想 [運命の人 2話 感想]

運命の人 2話目 感想です。

今期ドラマで、一番クール(又は、重い)と言われている「運命の人」

原作は山崎豊子さんで、重厚な社会派ドラマです。


沖縄返還に関する政府の密約疑惑「外務省の極秘電信文」を掴んだ弓成(本木)。
返還協定ではアメリカ側が支払うことになっている軍用地復元補償費を、実際には日本側が負担するという両国間の密約を文書化したもの。

世論にこの密約を現物として掲載できない業を煮やす弓成に、佐橋政権を崩壊させようとする横溝議員と協調し
機密文書を渡し、国会で紛糾の材料として使用してもらう様に策略。

その際に、情報元に被害が出ない様に細心の注意をという約束だったが、横溝議員は紛糾の場で、機密文書そのものを提示し、今後の多方面に及ぼす影響を露呈してしまった....

今回はここまで。

初回から安定した演技力を見せつけてくれる俳優陣。
やはり、流行ものタレント俳優が出ているドラマとは、安定感と重厚感が違います。

北大路欣也の発するセリフの一語一語が、銀行家役だった「華麗なる一族」を彷彿とさせるほど、重々しい雰囲気と、政治の裏側を匂わせます。


ストーリーは原作を既読ですので、結末判りますが、いざ映像でみても「山崎豊子作品はイイ!」の一言。

過去の「不毛地帯」「白い巨塔」「華麗なる一族」「沈まぬ太陽」「大地の子」など、映像化されたDVDを改めて見返そうかなと思案中です....


大地の子 全集 [DVD]


大地の子 全集 [DVD]


不毛地帯 DVD-BOX 1


不毛地帯 DVD-BOX 1


白い巨塔 DVD-BOX 第一部


白い巨塔 DVD-BOX 第一部


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
運命の人 2話 感想 ブログトップ






この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。