So-net無料ブログ作成
検索選択
野田聖子 ドキュメンタリー ブログトップ

野田聖子 ドキュメンタリー [野田聖子 ドキュメンタリー]

衆議院議員野田聖子(51)がアメリカ女性から卵子提供を受け50歳で高齢出産したドキュメンタリー金曜プレステージ「私は母になりたかった~野田聖子 愛するわが子との411日~」が1/20に放送されました。


妊娠中の野田聖子は、入院中のベッドの中で「はじめは養子縁組も考えたが、事実婚のため断念した」と語る。

「自然妊娠できないからだのため、野田聖子が選んだ道は、体外受精」

事実婚夫とアメリカ人女性の卵子を受精し野田聖子の子宮で育てる方法だった。

通常日本人に近い容姿の女性から卵子提供を受けるが、野田はアメリカ人女性を選んだ理由について「(卵子提供受けたことを将来的に子供に)隠しておけないのであまりにも違うほうがいい。パパの血が流れているので私たちの子には変わらない」と言う。

120120_01.jpg

だが出産してみると、息子真輝くんは....

・食道と胃が繋がっていない食道ヘルニア
・臍帯ヘルニア
・極型ファロー四徴症
・人工血管の閉塞・呼吸停止
・気管軟化症
・脳梗塞による右手右足のマヒ

とさまざまな病気を抱えており、手術を受け続ける日々である。


野田聖子は出産後、事実婚だった飲食店経営の木村文信(43)と入籍

野田自身も、子宮摘出手術を受けた。
摘出された子宮は壁が薄く出血しており「今の見たら子宮じゃないもんね。真輝くんにささげました」と笑顔で話す野田聖子。


 野田は息子の障害について「あれだけいろんな障害を抱えていて、いつ死んでもいい状態なのに生き延びているから病気以外のどこかは彼は強い。脱落していくぐらいいろんな病気を抱えているけど、しがみついてるってことはそれ以外のどこかは人より強いんだと思う」と語り、生後9ヶ月11日目に真輝くんが呼吸停止後蘇生した際は「死んじゃったような感じ、生きているんだけど生きていない。
かろうじて命があるみたいな。
もうがんばってとか可哀相で言えないし、自分のために生きて欲しいな」と涙ながらに語っていました。


 そして、1歳の誕生日を迎えたときは「最初のうちはいろんな人々の批判が怖かったし一生懸命大義名分を探している自分もいて、真輝はすべてをクリアしてくれている。真輝の生きる力がドンドン強くなってきて一緒に人生歩めたらいいな。当たり前の暮らしの中で」と話していた。


録画をして見たのですが、壮絶でした....

最後迄見ましたが、途中から「夫妻の子供って、どのように捉えているのか」って事を考えだしました。

もちろん、女性であれば子供を宿し育てるという事は、願望はもとより男性より固執する事柄だと思います。

高齢で出産するというリスクもあったでしょうが、生まれてきた瞬間から真輝クンには辛過ぎる現実が押し寄せて

来ている事に、何か釈然としない自分がいました。

現状ですと真輝クンは「瀕死である」状態でしょう。
可能な限り、野田議員には真輝クンのそばに居て欲しいですし、母親専念する事は必須ではないでしょうか。

結局、この番組の主旨が判りませんでした。
何を伝えたいのか.....

生まれた命にありがとう

生まれた命にありがとう

  • 作者: 野田 聖子
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2011/02
  • メディア: 単行本


50才で赤ちゃんを!~不妊治療の常識の向こう側

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
野田聖子 ドキュメンタリー ブログトップ






この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。