So-net無料ブログ作成
検索選択
CM起用 避けたいタレント ブログトップ

CM起用 避けたいタレント [CM起用 避けたいタレント]

フライデーに掲載されていたランキングで、CM起用を「避けたいタレント」ランキングを紹介!


◆クリエーターが選ぶ「CMに避けたいタレント」ワースト15◆
*1:倖田來未   2000万 
*2:上野樹里   2500万
*3:松嶋菜々子  5500万
*4:市川海老蔵  3000万
*5:宮崎あおい  3500万
*6:山本太郎
*7:藤原紀香    5500万
*8:キム・テヒ  2000万
*9:瑛太     3000万
10:芦田愛菜   1200万
11:土屋アンナ  1200万
12:本田圭佑   5000万
13:山田優    2000万
14:明石家さんま 5000万
15:神田うの   2000万


今回の調査は年末ギリギリに行われており、そういう意味で、最新の事情が反映されての結果となったようです。

名前の次の数字は年間契約料ですが、突出しているのは松嶋菜々子、藤原紀香、明石家さんまです。

大河ドラマ『江』がコケた上野樹里の評価が下がったのはわかるとして、『家政婦のミタ』で高視聴率を獲得したにも関わらず松嶋がCMに敬遠されるのはまさにここで、金額というか、そこに至った姿勢が嫌われたのでしょうか。


<以下引用>

「ブランクもあって、ミタ出演前は4000万円まで下げていた年間契約料が、6000万円に値上げされたというんです。さすがに上がりすぎ、と5500万円あたりで調整しているようですが…。ドラマの出演料も150万円から倍増の300万円になったとか。近年稀にみる数字を叩き出したのだから、分からないではないですが…金額というか、その姿勢が反感を買っているのでは」
(大手広告代理店・A氏)


<フライデー>
CMというのはドラマや映画と比べて拘束時間が短い割に稼げるので、タレントさんたちにとってはぜひ得たい仕事なんだとか。

にも関わらず、ギャラの付け方でこうやって評価を下げてしまうのでは、なんだかもったいない.....


松嶋と同じ金額を提示している藤原紀香については.....
「もういいんじゃないでしょうか」
「さすがに劣化は隠せないよね」となかなか厳しい評価。


そしてできちゃった結婚をした倖田來未がワースト1位、離婚した宮崎あおいが5位となった理由は…


<以下引用>

「これはもう、“できちゃった婚”に尽きますね。妊娠が悪いのではなく、無計画とか、アクシデントというイメージが不良品に結びつくのをクライアントが嫌がるんです。宮崎あおいが評価を落としたのは、ご想像の通り、離婚が原因。家庭不和をイメージさせることから、特に家電メーカーが毛嫌いします。他にも彼女が出演していた『オリンパス』が巨額粉飾決算問題で激震するなど、トラブルのイメージが付き始めたのが、気がかりですね」
(大手広告代理店・B氏)


<フライデー>
妊娠や結婚などにタレントが慎重になるのもわかりますね。
宮崎あおいについては.....
「本当に演技が巧いのか疑問」
「離婚の仕方が悪すぎる」
というコメントもありました。

オリンパスの件は宮崎には関係ないと思うのですが、そのあたりが企業とタレントのイメージがイコールで繋がる、ということなのでしょうか。

瑛太は「理屈ぽくて面倒くさい男だった」「酒癖の悪さが怖い」
山田優は「小栗の彼女という肩書が先行しすぎて使いづらい」
さんまは「さんまが出て売れてる商品ある?」
神田うのに至っては「芸能の話題がない芸能人」「彼女のファンを見たことがない」等々、辛口コメントが....


「使いたくない」タレント10位の芦田愛菜ちゃんは.....
「もういいんじゃないでしょうか」「さすがに疲労が隠せない」とコメントされていましたが、そういう状態にしたのはすべて大人たちだと思うと、なんとも....


企業はそのイメージを保つため、かつてキリンビールはCMを放映するしないに関わらず、高倉健を他社に出させないために年間1億3千万も支払っていたといいますし、現在でいうと、ソフトバンクはSMAPに年間5億円支払っているそうです。

CMひとつに、なんとも壮大な計画が含まれているんですね。


広告制作料金基準表―アド・メニュー〈’11‐’12〉

広告制作料金基準表―アド・メニュー〈’11‐’12〉

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 宣伝会議
  • 発売日: 2011/05
  • メディア: 単行本

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能
CM起用 避けたいタレント ブログトップ






この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。