So-net無料ブログ作成
検索選択
最後から二番目の恋 2話 感想 ブログトップ

最後から二番目の恋 2話 感想  [最後から二番目の恋 2話 感想]

最後から二番目の恋 2話 感想です。

初回の喧嘩、ドタバタが今回より薄れてきました。

元々の脚本だったのでしょうね。

でも、この程度の方が出演者に合っていますかね。

コメディタッチは残しますが、変に視聴者に共感を呼ぶコメディ演技ではなく

「日常のごくごく自然な...」レベルといった感じでしょうか。

今回の2話では千明(小泉)の最後の恋?が明らかになります。
それを打ち明けるシチュエーションは、実生活では無いとは思いますが、昔のホームドラマ然として
懐かしい一場面って感じでしたね。

小雨日記

小雨日記

  • 作者: 小泉 今日子
  • 出版社/メーカー: 角川マーケティング(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2011/04/22
  • メディア: 単行本


千明の住む、古民家もイイ感じに馴染んできました。
本作で、ブームが再燃する可能性ありますね、古民家も古道具系家具も.....
もちろんファッションもね。

古民家スタイル No.16―古民家で快適に暮らすための「設備」について考える。 (ワールド・ムック 902)



古民家スタイル No.16―
古民家で快適に暮らすための「設備」について考える。

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ワールドフォトプレス
  • 発売日: 2011/12/09
  • メディア: ムック


それに対し、今回より長倉和平(中井)の千明に対する「柔和さ」が目立ちます。
いや、このほうがいい。

千明が打ち明けてしまった恋話に、共感し励ましなどして、先週とは激変し変に距離感が縮まっています。

和平には見合い話が持ち上がり、それが同じ市役所勤務の女の子・大橋(佐津川愛美)の母。
番組後半には、そのお見合いに自分(大橋)も同席し、立候補するとの宣言。

今後の展開が楽しみになってきた感じ....


2012年1月クールフジテレビ系木10ドラマ 
オリジナルサウンドトラック



ちなみに大橋役の「佐津川愛美」ですが、直近の連ドラ作品は「本日は大安なり」。
他に、「開拓者たち」ですかね。

昨年だと「王様の家」の娘役でした。
uploaded_file.php.jpg

写真が趣味らしく、作品集を出版する程なんですね。
http://blog.excite.co.jp/aimisatsukawa/

このドラマでの役では、「不思議ちゃん」らしくふわふわ感漂いますが、人物そのものも、
そんな感じに見受けられますね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
最後から二番目の恋 2話 感想 ブログトップ






この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。