So-net無料ブログ作成
検索選択
ALWAYS 三丁目の夕日'64 ブログトップ

ALWAYS 三丁目の夕日'64 公開間近 [ALWAYS 三丁目の夕日'64]

ALWAYS 三丁目の夕日'64」が公開間近となっています。



漫画『三丁目の夕日』(西岸良平作)を題材にした、2012年1月21日公開予定で3D/2D同時上映となります。

前作から約5年後の1964年(昭和39年) 東京オリンピック開催の年を舞台としています。
今作から3D仕様となっていますが、こういう映画の3Dって効果はいかほどなんでしょうかね〜。

ALWAYS 三丁目の夕日’64 (小学館文庫) ALWAYS 三丁目の夕日’64 (小学館文庫)

出演は、吉岡秀隆、小雪、堤真一、薬師丸ひろ子堀北真希、三浦友和、森山未来、大森南朋他。

前作から5年経った昭和39年(1964年)、日本は東京オリンピックの開催で日本全体が活気付き、高層ビルや高速道路の建設ラッシュで土地開発が進んでいた。
そんな急激な時代の流れの中でもあの東京下町夕日町三丁目とその住民たちはいつも変わらない雰囲気を残していた。


今作で晴れて夫婦となった茶川(吉岡)とヒロミ(小雪)。
そして今作で高校一年生になった淳之介は仲良く三人で暮らしていた。

茶川は「冒険少年ブック」で連載を続けるも新人作家に人気を奪われ大ピンチ。
そんな茶川を陰で支えるヒロミは、身重だが生活のため居酒屋を切り盛りをする。
淳之介は東大目指して猛勉強するも内心は夢で ある小説家を忘れられなくて・・・。


一方お向かいの「鈴木オート」(堤真一)では将来は鈴木オートを海外へ展開したいと野望を持っている則文と内助の功で夫を支える妻・トモエ(薬師丸)。

そんな両親を持つ一人息子・一平は思春期に入り、鈴木オートを継ぐことを嫌がり、リードギターに明け暮れる毎日。
住み込みで働く六子にはあるふとしたきっかけで出会った医師・菊 池との出会いでいよいよ春がやってきそうな予感が・・・。
そんなある日、茶川の所に20年前に勘当された父・林太郎の危篤の電報が届いて.....

ここまでですね、紹介は。

三丁目の夕日’64 映画化特別編 (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)

とにかく、初回から人気のあった映画です。
昭和を克明に描き、「そうだったな〜、アノ当時は。」なんて感慨に浸りたい方にはもってこいですよ。
なんか、温かいんです、昭和の当時って。
「THE ノスタルジー」です。

今より、もちろん便利な世の中ではない当時。
でも、なんかそれはそれで良かった。
近所付き合いも多く、時にはおせっかいにもなってしまう程の関係性と、一体感のある家族と近所。

是非、鑑賞したい邦画のひとつですね。

ALWAYS 三丁目の夕日 豪華版 [DVD]




ALWAYS 三丁目の夕日 豪華版 [DVD]






「ALWAYS 三丁目の夕日 ’64」ナビゲートDVD 『帰ってきた、夕日町のひとびと』


「ALWAYS 三丁目の夕日 ’64」ナビゲートDVD
『帰ってきた、夕日町のひとびと』

  • 出版社/メーカー: バップ
  • メディア: DVD

 

 

ちなみに今晩から、新作公開記念として、シリーズ第1作目&2作目を2週連続放送します!

ノスタルジックに浸りたい方は必見です!オススメ!


 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
ALWAYS 三丁目の夕日'64 ブログトップ






この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。