So-net無料ブログ作成
検索選択
最後から二番目の恋 初回 ブログトップ

最後から二番目の恋 初回放送 [最後から二番目の恋 初回]

今晩スタートの「最後から二番目の恋」

主演は小泉今日子、中井貴一(ダブル主演)

111122-293_01.jpg

古都・鎌倉を舞台とした45歳独身女性と50歳独身男性が繰り広げる恋愛青春!?劇ですね。

主演の小泉は、『恋を何年休んでますか』(TBS、2001年10月期)以来10年ぶりの連ドラ主演。
フジテレビに限って言えば、『恋愛結婚の法則』(1999年7月期)以来12年3ヶ月ぶりの主演作です。

同じくダブル主演の中井も、2008年10月期の『風のガーデン』以来3年ぶりの主演、かつフジテレビ出演作です。

なんでもキャッチコピーは「大人って、淋しすぎると笑っちゃう」ですって。

他の出演者は、内田有紀、坂口憲二、飯島直子。

111122-293_04.jpg111122-293_02.jpg111122-293_03.jpg

フジテレビのストーリー解説は.....
小泉今日子は45歳独身のテレビ局ドラマプロデューサー役。
この年になると恋愛というよりは健康や老後など将来への不安を感じる年齢…。

仕事と家庭 の両立という入社当時に描いた未来と現在はまったく違う。ここでゆっくりとした時間を過ごしたら何かが変わるのだろうか…。
そこで、老後はいま流行の友だ ちと古民家を借りて住むのも良いかと軽い気持ちで鎌倉を下見。

 そんな時、中井貴一演じる、鎌倉で市役所勤めで、妻とは死別した寂しい子持ちで、近ごろめっきり体力の衰えを感じる人生の曲がり角の50歳独身男性と出会った。

 古都・鎌倉を舞台に、明るくも切ない大人の青春ドラマが幕をあける。果たしてさまざまな恋を重ねてきた“大人”の結末は? 「加齢なる試練」を乗り越え、いつしか「華麗なる結末」を迎えることができるのか?!

 そして、そんな二人の恋をかき回すのは、50男の個性豊かな家族の面々。坂口憲二演じる自由奔放にしてどこか薄幸のイケメン弟は小泉扮する45歳独身女性を口説き、50男を含めた三角関係に、飯島直子演じる家庭崩壊寸前の口うるさい長女は同世代として彼女をやっかみ、内田有紀演じる世間とうまく調和が図れない、危うい妹は彼女の内面をえぐる…。

そんな家族の喧騒(けんそう)の中、大人の二人は、さまざまな壁にぶつかりながらも、本当の幸せをつかんでいく。


ちなみに、中井貴一、飯島直子、坂口憲二、内田有紀は兄弟という設定で、坂口と内田は双子ですって。
ハラハラドキドキなく、淡々とすすむだろうストーリーに期待したいですね。
キャストに変に「お流行タレント」が出ていないのにも好感がもてますね。
舞台は鎌倉だけに、放送後に鎌倉を訪れる視聴者も多いでしょうね〜....

【CD】最後から二番目の恋 オリジナルサウンドトラック



ちなみ主題歌はこの人
20111225162224_1_2.jpg
http://www.youtube.com/watch?v=HfRG3XKuho4

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
最後から二番目の恋 初回 ブログトップ






この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。