So-net無料ブログ作成
直木賞 2012年 候補者 ブログトップ

直木賞 2012 候補者 [直木賞 2012年 候補者]

第146回芥川、直木賞(日本文学振興会主催)の候補作が6日付で発表されました。

直木賞には、東日本大震災後の原子力政策をめぐる政治ドラマを描いた 真山仁さん(49)がノミネート。

選考会は17日夕、東京・築地の料亭「新喜楽」で開かれる。候補作は次の通りです。

【芥川賞】
石田千「きなりの雲」
円城塔「道化師の蝶」
田中慎弥「共喰い」
広小路尚祈「まちなか」
吉井磨弥「七月のばか」

【直木賞】
伊東潤「城を☆(噛の米が人4つ)ませた男」
歌野晶午「春から夏、やがて冬」
恩田陸「夢違」
桜木紫乃「ラブレス」
葉室麟「蜩ノ記」
真山仁「コラプティオ」


昨年第145回の直木賞と芥川賞の受賞作品はというと....

直木賞
池井戸潤氏
「下町ロケット」

下町ロケット
受賞当時は同作が山本周五郎賞で落選していただけに、よもや受賞するとは思っていなかったそうで、居酒屋で受賞の知らせを聞いたそうです。
「(出身地の)岐阜の友人たちが待機してくれていたので、慌てて電話で連絡を入れました」と苦笑い。

受賞作は、町工場が大企業を尻目に精巧なロケット部品を造り出す痛快な奮闘記。
都内の町工場を取材した際、「ロケットは無理だけど部品なら造れる」と聞き、「これで書ける」と確信したそうです。

会見の最後に賞金100万円の使い道を問われると「出るんですか!? 全然考えてなかった」と目を丸くして、報道陣を笑わせたエピソードも。


芥川賞
145回は受賞作なしでしたが、第144回の受賞は...
朝吹真理子氏
「きことわ」
きことわ


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
直木賞 2012年 候補者 ブログトップ






この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。