So-net無料ブログ作成
ミヤネ 戯言 ブログトップ

宮根 戯言 [ミヤネ 戯言]

妻がいる立場でありながら、別の女性との間に3才の娘 がいたことが発覚した宮根誠司。

現在、妻との間にも7か月の娘が誕生し、当然のことながら宮根は“隠し子”とその母であるA子さん(32)と生活をともにするわけにはいかない。

そんなA子さんとの娘について、女性セブンの取材に対し、宮根はその思いをほざいています。


「カノジョ(A子さんとの間に生まれた娘)は、カノジョなりにたくましく生きていくはずです。

でも、カノジョから困った、助けてくれといわれれば、もちろん助けますし、成長して アメリカ行きたいっていえば、

ぼくに余裕があったら手助けはするし、AKB48にはいりたいっていったら、できるかわかりませんけど誰か紹介して

あげられるかもしれない。

ただ、いま中途半端な気持ちで接するのは違うかなとは思うんです。そりゃ、父親としてA子さんとの子にも妻との子

にも、どっちにもいろいろしてあげたいですよ。まぁ、いままで黙っていたわけですから、胸張れるわけではないけれ

ど、なんか、お話ししたら、ほっとしたかな」

そう、胸なんか張れませんね!自らの告白でもないのに、「取材を受けちゃった以上、全てお話します、お陰で胸の閊えがとれました!」のような印象を抱く彼のコメント。

典型的な「自分の気持ちだけが大事な人」という感じ。 本妻はどんな気持ちでこの言葉を聞くんでしょうねぇ
取材コメントを見る限り、この件を「美談化」させようともしている策略をも感じますね〜....


ふたりの娘の存在について語った宮根は、こんな事も平然としゃべっている。

「ぼくが70才ぐらいになったときに『お前ら、集合!』ってふたりの娘たちを呼んで、3人で飲みたいですね。仲がいいとか知らんけど、一緒に飲んで『お前の生き方も否定せえへん! ただ頑張って生きろ!』っていってあげたいですよね。

できたら、どちらかに医者になってもらって、『ウ~、死ぬ』ってときに側にいて、『お父ちゃん、ここまでやったけど、あかんかったわ』ってコントみたいに送ってほしいですね。そんなん甘いかなぁ…駄目ですかねぇ」



スキャンダル報道の以降は、彼のレギュラーが1〜2回程度しかオンエアーされていないのを幸いに、メディア露出がなく、平穏となっているだろう宮根。

一度ミヤネヤで番組冒頭で謝罪をしていましたが、その後のMr.サンデーは特番の為放送なし、ミヤネヤはその後は高校サッカー中継で、放送なしなので、「1週間から10日の空きで熱りさめるだろう」って考えているはず。

この謝罪もなんかニヤけながらのコメントで、飽きれるね


番組放送後は、何食わぬ顔で他人のゴシップにコメントしまくる人間性の欠如を露呈すること間違いなし!
それまでは、平穏だと考えて過ごしなさいな。

ケジメの無い人間、宮根。

読売テレビも決断力ない局なんだな〜.....


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
ミヤネ 戯言 ブログトップ






この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。