So-net無料ブログ作成
検索選択
ソニー撤退 ブログトップ

ソニー撤退 有機ELテレビ [ソニー撤退]

ソニーは、次世代薄型テレビの主力となるとみられている有機EL(エレクトロ・ルミネッセンス)テレビの生産を終了しました。

業務用モニターの販売は続けるが、家庭向けは液晶テレビに集約する。一方、韓国メーカーは家庭向け大型有機ELテレビの販売を強化する。

テレビ事業を巡る日本勢の苦境が鮮明になりました。


ソニーは2007年に世界初となる有機ELテレビを発売。液晶テレビやプラズマテレビより画像が鮮明で、パネルの厚みも3ミリと薄く、「技術のソニー」の復活を象徴する商品といわれた。小型でも1台約20万円と高額ながら、発売当初は注文が殺到した。


ソニーは日本メーカーでは唯一、有機ELテレビを製造してきたが、その後の業績不振も背景に、設備投資を抑えていた。
このため、韓国勢に対してコスト面や画像の大型化を巡る競争で劣勢に立っていました。


ソニーは10年に国内販売を終了したが、欧米向け輸出は続けていた。
今後は放送局などで使うモニターの販売や研究・開発を除き、国内外で家庭向け有機ELテレビから事実上撤退となりました。



ん〜、ソニー撤退ですか....

有機ELテレビ自体の価値観は判りませんが、当時の報道は覚えていますね。
センセーショナルな扱いをしていました、機能もそうでしたが値段もね。

「技術先進国・日本」がここ数年で外国勢、おもに韓国に劣勢であり惜しい限りですね。

地デジ対応の一巡で、テレビ機市場はキビシいのは変わらずの様ですがね。



SONY  業務用有機EL (premium vintage)




SONY 業務用有機EL (premium vintage)

  • 出版社/メーカー: ソニー
  • メディア:
bc10   Android 対応 4.3インチ有機EL OMAP3530搭載

bc10 Android 対応 4.3インチ有機EL OMAP3530搭載

  • 出版社/メーカー: 株式会社ビート・クラフト
  • メディア:

有機ELと最新ディスプレイ技術 (図解雑学)

有機ELと最新ディスプレイ技術 (図解雑学)

  • 作者: 齋藤勝裕
  • 出版社/メーカー: ナツメ社
  • 発売日: 2008/12/16
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


ソニー撤退 ブログトップ






この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。