So-net無料ブログ作成
宮根誠司 謝罪 ブログトップ

宮根誠司 謝罪 [宮根誠司 謝罪]

ミヤネヤ、Mr.サンデーで司会を勤める、宮根誠司アナウンサー(48)が6日、日本テレビ系情報番組「情報ライブ ミヤネ屋」で、妻とは別の女性との間に、子供がいたという週刊誌の報道を認め、謝罪した。


本日の番組冒頭、宮根アナは「年明け早々、私どものことで、お騒がせしてすみませんでした」とした上で「全て事実です」と週刊誌の報道を認めた。

さらに「記事 をご覧になりまして、多くの方々が“宮根には失望した”“がっかりした”と言われる方、たくさんいらっしゃると思います」と神妙な表情で話した。

最後は「また心を新たに皆さまの期待、信頼に少しでも応えられるように一から頑張っていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします」と深々と頭を下げていましたが.....

不倫の恋で苦しむ男たち (新潮文庫)

彼の愚業は時系列だと.....

'93年1月  :元モデルと結婚
'04年7月  :元モデルと離婚。この時期までにB子さんと知り合う
'04年以降  :B子さんと交際開始
'04~'05年頃:A子さんと出会い、親密に。[→]関西でミヤネヤがスタート
'06年8月  :B子さんと結婚。
'07年春   :A子さんに妊娠を告げられる
'08年3月 :ミヤネヤ 全国放送


世間を騒がせた麻木久仁子の不倫騒動をなんとなく思い出しますね?。

彼女も、ワイドショーなどでコメンテーターとして活躍していた方でした。
あの不倫騒動で、コメンテーターとしてワイドショーに出ることができなくなり、今では時々バラエティで姿を見るか
見ないかという状態になってしまいました。


宮根もワイドショー関係者。
他の芸能人の不倫騒動などをニュースとして扱う番組の、司会者ですが、今後類似のネタがあって取り上げなければならない場合、彼はどのように対応するのか?

常識的に考えれば、宮根も降板となるのが順当であるので、潔く降板をすればいいのに。

一般の会社で、不倫が発覚し、会社にイメージなどを損ね、現場の士気など何らかの影響が出る場合は「降格」「配置換え」「謹慎」ですよ。


ミヤネヤって看板が無くたって、昼間のワイドショーなんて誰が司会しても同じでしょ、きっと。
特に彼はMr.サンデーしかり、偏向報道するワイドショーキャスターですから、逆に公平でクリーンな司会者を立てて
再編した方がいいですよ。
ワイドショーを続けていくなら、日テレさん。

潔く本人の申し出があっての降板が望ましいですね、宮根サン。男ならケジメ付けが大事。
ここで、のらりくらりとお茶濁す事していたら、今後の活動にも響くはず。

就業規則&社内ルールの作成ポイント


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能
宮根誠司 謝罪 ブログトップ






この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。