So-net無料ブログ作成
検索選択
ブルーノート ジャズコレクション ブログトップ

ブルーノート ジャズコレクション [ブルーノート ジャズコレクション]

デアゴスティーニ・ジャパンは、ジャズレーベルの最高峰「ブルーノート」にその名を残すアーティストを毎号1人ずつ取り上げ、CDとマガジンでその名演と 生涯、レーベルの歴史などを紹介する隔週刊『ブルーノート・ベスト・ジャズコレクション』を、2012年1月10日(火)より発売します!

第1号は創刊号特 別価格490円、2号以降は通常価格1,190 円、発売日は隔週火曜日。

mmycom_375566.jpg

ブルーノートは、ジャズを心から愛した1人のドイツ人、アルフ レッド・ライオンが1939年に創設したジャズ・レーベルで、これまで数多くの名盤を世に送り出しています。

ブルーノートレコード・オリジナル プレッシングガイド


伝説のレコーディング・エンジニアと呼ばれるルディ・ヴァン・ゲルダー、400枚を超えるジャケット・デザインを手がけてきたリード・マイルズなど、所属アーティスト とは別に、各時代を象徴するキーパーソンがレーベル内から誕生したこともその魅力の一つですね。

今回創刊される『ブルーノート・べスト・ジャズコレクション』 は、ジャズ・アーティストとともにレーベルの歴史にも迫った貴重なコレクションとなるでしょう!



1人のジャズメンとブルーノートのかかわ りやその音楽人生を追う「ブルーノート・ジャズメン」、ブルーノートがいかにして名門レーベルと成りえたかその軌跡をたどる「ブルーノート&ジャズ・ヒス トリー」、付録CD収録曲を詳しい解説を通してその音の文脈を深く読み解くことができる「ブルーノート・セレクション」、テーマごとにべスト5の曲を紹介 する「ブルーノート ベスト5」、各界のブルーノート好きがとっておきの一枚をセレクトする「私の薦める1枚」と5つの章で構成。

CDにはブルーノートからリリースされた名盤 の中から選りすぐりの名演を収録し、ジャズ初心者でもどこかで聴いたことのあるであろう名曲に出会うことができる、本シリーズオリジナルのリストとなっている様です。


写真はブルーノートの共同経営者であり、カメラマンでもあるフランシス・ウルフが撮影したものを中心に掲載。
ウルフの写真管理を任 されている「モザイク・イメージ」の全面協力によって実現したもので、本邦初公開となる写真もあるらしいですね。


ちなみに「モザイク・イメージ」は、ブルーノー ト未発表音源の発掘や新録音のプロデュースで知られるマイケル・カスクーナが運営する通販専門レーベル「モザイク・レコード」内の一部門。


創刊号では、名盤『カインド・オブ・ブルー』、『ビッチェズ・ブリュー』などで知られるモダン・ジャズの帝王マイルス・デイヴィスにフォーカス。

彼が「帝王」と呼ばれるゆえん、その名演と生涯に迫る一冊となっているそうです。
付属CDには「枯葉」、「イエスタデイズ」、「ハウ・ディープ・イズ・ジ・オーシャン」など全6曲を収録。


全70号からなる『ブルーノート・べスト・ジャズコレクション』は、第2号にハービー・ハンコック、第3号にソニー・ロ リンズ、第4号にアート・ブレイキー(&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ)、第5号にジョン・コルトレーンが予定されており、言わずと知れたジャズの巨匠が 続々登場。

全部揃えたい気はしますが、「全70号」ですからね。
1号目は490円ですが2号目以降は1190円。ってことは、全部揃えると....

「82,600円也!」 ちょっと大きな声では言えません、家の中では。
総額では決して言えませんね。
でも月2回の発行ですから、3400円/月ですね。 邦版CD1枚分くらいなんですね〜。

でも、このジャズコレクション、ブルーノートに特化している企画なので、ジャズ初心者の方にもいいのでは!?

普段何気に耳にしている楽曲も「あっ、これってそうなんだ〜」もあるかも知れませんね。

ジャズって、「マジメに聞くも良し」「流す聞き方も良し」って位、聞き手のスタンスに合わせられますから、是非
オススメしたいですね〜。

決してデアゴスティーニ・ジャパンの人間ではありません、ワタシは。



配送無料のアマゾンでどうぞ
隔週刊 ブルーノート・ベスト・ジャズコレクション 2012年 2/7号 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
ブルーノート ジャズコレクション ブログトップ






この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。