So-net無料ブログ作成
検索選択
おみくじ 基本 ブログトップ

おみくじ 基本 [おみくじ 基本]

初詣でするもの


巫女さん入門 初級編

巫女さん作法入門


お参りは当然ですし、それと「おみくじ」これも定番。

でも、おみくじって、勘違いする事も多いらしいんですね。

基本的には.....

おみくじ、7段階の場合の縁起の良い順番
大吉 >中吉 >小吉 >吉 >末吉 >凶 >大凶



12段階になっている場合の縁起の良い順番
大吉>中吉>小吉>吉>半吉>末吉>末小吉>凶>小凶>半凶>末凶>大凶



大吉や大凶が出るとその反対になりやすいという説もありますが、これは「陰陽道」的な考え方の、「陽極まれば陰生ず、陰極まれば陽生ず」という言葉に由来 されていて、大吉や大凶など対局にあるものはその逆方向に転じ易いということをあらわしています。
吉であっても気をつけよ、凶であっても用心して誠実に事 にあたれば必ず御加護がある、そうです。


いずれにしても、おみくじに書いてある内容に目を向けることが大切ですから、隅々までよく読んでみてください。また、不満足な結果が出たからといって何度も占いなおしてはいけません!


引いたおみくじをどうしたらいいのか?
調べてみたところ、寺社によって様々な見解があることがわかりました。大別すると次の2つになります。

おみくじには神や仏からのありがたいメッセージやパワーが秘められているので、吉凶にかかわらず記されている教訓を戒めるつもりで持ち歩き、後にお礼を込めて納める。

自分にとって都合の悪いおみくじはその場で結びつけ、さらなるご加護をお願いする。
良いおみくじは持ち帰り、後日境内に結ぶこと。



つまり、その場で結ぶのは凶をとどめて吉に転じるようにお願いする場合のみ。また、たとえ凶であっても自分への戒めとして持って帰っていいようです。



ところでみなさんは、おみくじの文章の方も読んでいますか?
「願望」「病気」「恋愛」など、十数種類の項目がある、あの細かい運勢。
これを読んでると、ときどき冷たい言葉を浴びせられることがある。

例えば『待人…来ず』とか『失物…出ず』とか、縁起でもない全否定の言葉。他にも、新居を決めた直後なのに『転居…控えよ』とか、明日から旅行なのに『旅行…行かぬが吉』とか、風邪ひいてるのに『病気…治らず』とか。

こういうひどい言われようのときって、どう対処したらいいんだろうか。神社本庁に話を伺うと、単純な答えが返ってきた。

「平常心で過ごせばよいと思われます」ですって....


理由は、別の機会に改めておみくじを引けば、違った結果が出るかもしれないから。
確かに気にしなきゃいいんだろうけど……中には平常心じゃいられない人もいるはず。
その根拠は!?

例えば『待人来ず』でしたら「おみくじを引いた時点では待人は現れない」くらいの意味で考えてもOK。
引いたおみくじが関係する期間は、その場限りと思ってもいいですし、1週間や1カ月、1年など、引いた方の解釈で構わないんですって!

開運!よく当たる手相―気になる運勢がすべてわかる!

つまり1カ月後に引越しがある人が『転居…控えよ』っていうおみくじを引いても「おみくじの効力は1週間」と思えばいいってこと。

自分のプラスになるよう考えることがいいのですね。
新年早々、引いた内容で暗い気持ちになるのってイヤですものね。

また項目の意味についても、おみくじを引いた人の解釈に委ねられてるといいます。

例えば『待人』の意味は……
『運命の人』や『自分の転機となる人』はもとより、翌日に人との待ち合わせがある方であれば、『待ち合わせに来る友人』と考えてもOK。
おみくじを引いた人が『待人』と思う人を『待人』と考えて差し支えないでしょう」



あまり厳密に考えすぎると良く無い結果がおみくじ。

では、ごきげんよう....!
平成24年運勢暦
開運!よく当たる手相―気になる運勢がすべてわかる!


おみくじ 基本 ブログトップ






この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。