So-net無料ブログ作成
検索選択
デーブ大久保 自殺失敗 ブログトップ

デーブ大久保 自殺失敗 [デーブ大久保 自殺失敗]

新年早々、いやなタイトルですが....

2008年、西武の二軍打撃コーチに就任していたデーブ大久保は、選手に対する暴行によりチームを解雇されました。

暴行の対象となったのが、甲子園のスター・菊池雄星だったため、デーブ大久保は完全な「悪者」にされました。
当時大久保は、自殺さえ試みたという記事が週刊ポストに掲載されていました。


* * *
コーチを解任された後の1週間、尾ひれのついた報道は、デーブを「選手を殴ってクビになった男」という「悪者」に仕立て上げていった。

インターネットでは、匿名をいいことに、様々な誹謗中傷、罵詈雑言が渦巻いた。

デーブには、大学生の長女、長男、高校生の次男がいる。

「息子を学校に行かせなくしてやるぞ」そんな脅迫紛いの電話が何度も入った。

どこで調べるのか、携帯に無言電話も続き、デーブはまともに外を出歩けなくなる。
家族の信頼関係は崩れ、追い詰められていった。

「あの1週間が本当に苦しかったですね。俺はどの道を選んだんだって……」。
それは、謹慎中のある夜のことだった。冷蔵庫の中身も底をつき、所沢のマンション近くの小さな居酒屋に一人、出向いた。

店には無口な親父さんと常連さんがいて、冷やしトマトとサバの塩焼き、ビールと緑茶割りで、〆て1000円というのがいつもの定番だった。

だが、その日は様子が違った。皆、解任の件には触れず、どこかよそよそしい。

「常連さんで学校の先生がいるんです。凄い大酒呑みなのに、呑まない。先生、何で呑まないんですかって聞いたら、今日は車でデーブさんを送りたいって。いやいや、歩いてすぐだから大丈夫ですよと言っても、いや送ります、呑んでください、楽しくやりましょう、と。

そしたら帰りに、店の親父さんが、いいちこと緑茶のペットボトル一本、あと、つまみを持たせてくれたんです。車に乗って、もう、涙が出てきちゃって。嬉しくて嬉しくて……」

マンションの自室に入ると、焼酎を呑んだ。呑んで呑んで、胃の感覚も麻痺してくると、深い哀しみに襲われていった。

「ああ、俺なんかいねえほうがいい、生きていても意味がねえんだって……。こんなに皆に気を遣わせて、身内にも迷惑かけてるんじゃ、いなくなっちゃったほうがいいなと、なぜかそう思って……」

洗濯物用のロープを取ると、カーテンレールに引っ掛けた。中腰でロープを首にくくり、そのまま腰をおとした……
だが、その直後、凄まじい轟音と共にデーブの巨体は床に崩れ落ちた。体の重みで、カーテンレールごと壁から外れたのだ。

そうして、デーブは、九死に一生を得た。「重さが違った、みたいな……」。
そう言って自嘲気味に笑うと続けた。

「失敗して、窓を開けたら、目の前がお墓なんですよ。これは誰かが助けてくれたのかな、死ぬのはやめろってことかな、と……。もう一回、頑張るかって。野球なんかどうでもいい。次へスタートを切ろうって思えたのかな。今まで、自殺なんて考えたこともなかった。僕の人生の目標って長生きだから(笑)。死ぬってのが、本当におっかないから」


まあ、ルポライターの取材で明かされた事ですが、これはホントなのでしょうね。
今から3年前ですから、当時を語るには回想録としてアリなのでしょうが、この事実を知らなかった家族としてはどうなのかな?

彼は、この選手への暴力沙汰以外に過去にも色々と難ありでした....
解説者時代に巨人桑田選手のファインプレーの事を取り上げ美談にする番組コーナーで、番組主旨と反するコメントをして、関係者を困惑させたり(彼は桑田とは相性が良く無いので一方的な主観コメントを披露)、コーチ時代には、
知人女性への暴力沙汰で書類送検、隠し子騒動、登板日漏洩疑惑といった事で、色々とありました。

まあ、今期からは楽天の1軍打撃コーチという道も開けているので、内心は「やり直しのタイミング」ですので、
明かし易い過去なのかも知れませんが、知りたくはなかった件でもありますね、自殺未遂って。

エースの品格 一流と二流の違いとは 

楽天側としても、どうなのでしょう....
星野監督も温和な感じではなく、武闘派なので、変にデーブと息があうと、また本人は勘違いするかも知れません。

ちょっと、要注意人物ですね〜....

羽ばたけイーグルス 東北楽天2011年の軌跡 河北新報で振り返る全試合


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
デーブ大久保 自殺失敗 ブログトップ






この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。