So-net無料ブログ作成
検索選択
山手線 新駅決定 ブログトップ

山手線 新駅決定 [山手線 新駅決定]

JR東日本が山手線の品川―田町駅間(東京都港区)で、約40年ぶりに新駅を建設することがわかりました。

2013年度に新駅を含む周辺の再開発工事の着工を目指すようです。


山手線の新駅は1971年に完成した西日暮里駅(荒川区)以来で、30駅目。再開発エリアは11年末、外資系企業の誘致を図る国の「国際戦略総合特区」に指定され、新駅は同エリアの利便性を高める要となるようです。


新駅が予定されているのは、両駅間の港区港南、芝浦付近で、品川駅の北側約1キロの地点。両駅間は2・2キロと山手線の駅間で最も長い。
新駅には並走する京浜東北線も停車する計画。

20120104-281373-1-L.jpg

品川駅は東海道新幹線が停車し、羽田空港までは京浜急行線で約15分で結ばれている。27年にはリニア中央新幹線で名古屋まで40分で行ける東京の新たな玄関口となりますが、新駅は品川駅から所要約2分で、最も近いJR駅となる。


再開発が計画されているのは、品川―田町駅間にある車両基地「田町車両センター」(20ヘクタール)の跡地約15ヘクタール。


大規模なオフィス街 や商業施設の建設が予定されている。国際便が拡大している羽田空港にも近いことから、今回の再開発エリアは、11年12月に国の「国際戦略総合特区」に指定。

国は特区で働く外国人の入国審査などに関する規制を緩和、都は特区内の企業の法人事業税の減免などで、外資系企業の誘致を図っていく計画。

JR東では、北関東から上野駅が終着駅となっている宇都宮、常磐、高崎の3路線を東京駅まで延伸し、東海道線と直通運転する東北縦貫線を13年度中に完成させる予定で、その後は東海道線などの車両を止める車両基地が大幅に縮小される。
再開発はこの空きスペースを活用するとのこと。

新駅の駅名ってなんでしょうね。最近の事ですから、公募するかも知れませんね。
元国営企業のやることでは、ネーミングにも「柔軟性」がかけるでしょうね〜。

過去にも国鉄から民営化する際の名称を決めるにあたり、公募したのですが....
当時、約5万通の応募の中から小林亜星らによる選考委員会によって、
2位の「首都電」、
9位の「JR電」、
20位の「E電」の3つにしぼり込まれた経緯が。

ちなみに1位は「民電」!!!

民電だと他の私鉄電車とも「意味合いとして」混じるので不採用。
首都電だと「しゅとでん スト電」とストする電車として揶揄される可能性から、却下


当時は「E電」押しでいったのだが、全く普及せず他の私鉄が医者の連絡駅でもしばらくは構内看板でも「国電」という表記で過ごしていましたね。

結果「JR」という呼称と、直接路線名をいう方法が一般的になりました.....
※不動産屋の広告でも『E電××駅下車OO分』などという表記は一切なかったですね〜。

ってな具合に、今回の新駅名も公募される可能性が強いので、選考委員にユーモアあふれる人選が求められますね。
選考委員候補:ジミー大西、具志堅用高、ローラ

それと、以下もアップデートしておかなきゃあいけませんね。

山手線命名100周年記念 「電車でGO! 」特別編 復活! 昭和の山手線

THE 山手線 ~Train Simulator Real  


タグ:山手線 新駅
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
山手線 新駅決定 ブログトップ






この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。