So-net無料ブログ作成
検索選択
ジャニーズ 経営のピンチ? ブログトップ

ジャニーズ 経営のピンチ? [ジャニーズ 経営のピンチ?]

ジャニーズ事務所の経営不振

また、ゴシップっぽいネタですが.....


ジャニーズタレントのカレンダーは4月始まりなのですが、例年は年末までには予約開始となり、3月頃発売されていました。ところが2012年のカレンダーについては、例年とは違う動きになっています。

天下のジャニーズ事務所が経済的にかなり厳しい事態に直面.....


これまで出版社を支配下に置くため、許可制で認めてきたカレンダー事業をこの1~2年で全て引き上げるという話。今後はジャニーズのファンサイトで直接販売していく
という事に。
これだとしてもファンには直接な影響は少ない
と思われますが.....


Hey!Say!JUMPやKis-My-Ft2、Sexy Zone、ジャニーズJr.も2013年のスクールカレンダーが最後になるそう。NEWS、KAT-TUN、関ジャニ∞は既に中止が決定
カレンダーの売り上げに依存してきた大手出版社は大打撃を受けるという図式。

今まではデビュー10年を迎えたらカレンダー販売は卒業、というルールのもと、10年に満たないグループのカレンダーが販売されてきました。

従来までのルールであれば発売されるべきNEWS、KAT-TUN、関ジャニ∞のカレンダー発売についての情報が、現時点ではまったくないのは事実です。

 

一方で、出版社からの発売が発表されているHey!Say!JUMPやKis-My-Ft2、Sexy Zone、ジャニーズJr.のカレンダーがいつもと違うセット売りとなっており、えげつないという評判にも。


そう言われてみると、これはメジャーどころのグループのカレンダーの版権を与えない代わりに、いまいち知名度の低いグループのカレンダーでも最大限に利益を上げようとしているとも考えられます


自社で販売すれば確かに利益はそのまま懐に入りますがね〜。

ジャニーズカレンダー「関ジャニ∞」2011.4 - 2012.3

<以下引用>
ジャニーズサイドが一部の出版社に対してカレンダー販売を認めてきた裏には、スキャンダル対策があったといわれている。

カレンダー事業をちらつかせることで万が一の事態に備えてきた。先頃、発覚した宮崎あおいとV6岡田准一の不倫報道も他のメディアが後追いできないのは、このカレンダー利権が裏にあるからです」(前出の事情通)

ジャニーズサイドがこの利権を引き上げる背景には、CD販売やコンサート動員数の激減があるという。

「唯一、黒字なのは嵐と関ジャニ∞だけ。SMAPはギリギリ。全てAKB48に〝横取り〟されている形だ。今後は数十億円の利益が見込めるカレンダー事業を自社で展開し、収益をアップさせようとしているんです」(同事情通)
一部、業界関係者の間では潰れる版元も出てくるとの話も聞かれるが、さてどうなる?

2012年版 嵐 日めくりカレンダー

ジャニーズタレントが出演すれば視聴率がとれるからと、テレビ局もジャニーズに気を遣い、ジャニーズ関連のスキャンダルは極力放送しない傾向があるのは確実。

が、少なくともドラマに関してはジャニーズが出るから視聴率がいい、という時代は終わっていますし、この状態が続けばテレビの方も操作しづらくなってきているのでは!?
例としてキムタク主演の「南極大陸」平均視聴率18%でしたが、大ゴケ扱いでしたね。

経営難というは早計かも知れませんが、AKBなどによるメディアへの販促、販売方法、イメージ戦略などへの、従来の方式では難しくなってきたという判断により、若干の戦略方向を変更するって感じでしょうか?

流出写真がカラーで載っている
ジャニーズに捧げるレクイエム

嵐の名言


タグ:ジャニーズ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能
ジャニーズ 経営のピンチ? ブログトップ






この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。