So-net無料ブログ作成
石橋貴明 語る ブログトップ

石橋貴明 語る [石橋貴明 語る]

2011年12月26日に配信された「バナナマンのバナナムーンGOLD」のポッドキャスト放送にて、とんねるず・石橋貴明がゲスト出演していた。そこで、相方・木梨憲武への思いについて語っていたようです。


石橋「色々やってると、不安なことがある。ずっと良いことが続くなんてないから」

設楽「はい」

石橋「ちょっと下がるところもあるし、その時に、どれだけ動揺せずにやれるかっていうのは、常日頃から頑張っているかどうかなんだよ」

設楽「うん、うん」

石橋「必ずあるんだよ、下がるときが」

サンドウィッチマン・伊達「そういうとき、どうしたら良いですか?」

石橋「そういうときに、相棒を信じるしかないんだよ」

サンドウィッチマン・伊達「へぇ~」

石橋「下がったときに、焦ると、『なんだよ…もう、一人でやっていくぜ』って思うけど、実はその時こそ、相棒が大事で、『一人で世に出てこれなかった』って宿命を俺たちは背負っちゃってるから」

日村「はい」

石橋「俺たちは、一人で世に出てこれなかったから、ちょっと下がった時に、そのときに『相棒とちゃんと一緒にやってみよう、作ってみよう』ってならないと。そうじゃないと、バラける(解散する)のよ」

さらに、以下のように語っていた。
サンドウィッチマン・伊達「そういう話、ノリさんと一緒にされるんですか?」

石橋「全然しない。絶対にしない」

設楽「はっはっは(笑)」

石橋「絶対にしない(笑)こういう話、木梨さんは大嫌いだから」

設楽「あぁ(笑)」

石橋「俺のこういう話、大嫌いだから(笑)」

設楽「へぇ…」

石橋「これがコンビなんだよ」

設楽「それは、信頼しあってるから」

石橋「磁石でいうと、同じ極同士はくっつくか?違う極だからくっつくんだよ。だから、長くずっといられるんで」

設楽「はい」

石橋「俺と同じ性格で、ノリタケも同じ性格だったら、こんな長くやってるわけがない」

サンドウィッチマン・伊達「そっか」

石橋「それが全員、コンビで出て来たっていう人間はそうなんだよ。だから、相方を大事にしなきゃダメだと思うし。『パートナーなんだな』って思って、女房や子供もいるけど、それよりちょっと濃い感じがしちゃうんだよな」と語っていたようです。

 

続いてお笑いをエラそうに語っています


タグ:とんねるず
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:お笑い
石橋貴明 語る ブログトップ






この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。