So-net無料ブログ作成
検索選択
ヴァンヘイレン ツアー ブログトップ

ヴァンヘイレン ツアー [ヴァンヘイレン ツアー]

ヴァン・ヘイレンは26日、初代ボーカリストのデイビッド・リー・ロスを迎えて2012年にツアーを行う予定を明らかにしました!

バンドのウェブサイト(www.van-halen.com)では、ギタリストのエディー・ヴァン・ヘイレンらバンドのメンバーが演奏する中、ロスがステージを駆け回ったり歌ったりする様子を撮影したビデオが掲載されており、その下には「ヴァン・ヘイレン・オン・ツアー 2012」「チケット発売は来年1月10日から」とのメッセージがあります。

まさかのデビッド! 人間も丸くなった!?
mazur2.jpg


また、ヴァン・ヘイレンの別のサイトでは、2月に新曲または新アルバムが発表される可能性が明らかにされている。
ロスをボーカルに迎えてのフルアルバムは、25年以上前にリリースされた「1984」以来、初めてとなるんですね。

ロスとのバンド再結成についてはこれまでにもうわさされていました。
ヴァン・ヘイレンは11月にアルバム契約を締結しており、バンドが新作の制作を始めたとも報じられていました。

ロスは1978年のデビュー当時のボーカリストで、1985年に脱退。2007─08年のツアーではボーカルとして復帰していたのですが....

衝撃のデビューアルバム!紙ジャケでどうぞ!
炎の導火線(紙ジャケ)

 

 

 

炎の導火線(紙ジャケ)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Warner Music Japan =music=
  • 発売日: 2008/04/23
  • メディア: CD

ヴァンヘイレンって聞いて、「懐かし〜」ってなるギター少年?多いでしょうね。
ライトハンド奏法って、手品師みたいな弾き方を編み出したのが、バンド名にもなっているエディヴァンヘイレンですからね。

デヴィッド在籍の全盛期でやんちゃ時代
m_van_halen_2-e2c96.jpg


最初、それを見た時は衝撃でした、「ホントに音が出ているのか?」って。
その後もトリッキーな奏法でギターキッズ(古っ)を魅了しましたよね〜。

世界ツアーの規模も当時はスゴかった。バンドが使うアンプ、スピーカーは本国からジェット機3機で運び、スタッフは2機に別れて移動とか...とにかくスケールがスゴかった。

1984ってアルバムが大ヒットしたのちは、ボーカルのデヴィッドリーロスが脱退したり、その後参入したボーカル(サミーヘイガー)と上手く行っていると思いきや、喧嘩別れしたり、ギターのエディーの癌だったりで、最近まではおとなしかった〜...
黄金の1980年代だった「1984」紙ジャケでどうぞ!
1984(紙ジャケ)

 

 

 

1984(紙ジャケ)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Warner Music Japan =music=
  • 発売日: 2008/04/23
  • メディア: CD

でも、ロスの参加によりオリジナルメンバーではないが、ヴェンヘイレンらしくなってきましたね。
※4人編成で3人は血縁って珍しい構成になってます。
ギター:エディヴァンへレイン(ヴォルフガングの父)
ドラム:アレックスヴァンヘイレン(エディの兄)
ベース:ヴォルフガングヴァンヘイレン(エディのせがれ)
ボーカル:デヴィッドリーロス

ファミリーロックバンドって感じです、今は(笑)。

でも、久々に新作でませんかね〜、なんていってもロスの参加によるハデなステージパフォーマンスを見たいし....

サミー時代のバンドも悪くはなかった...
このライブは必見です!正直、他のライブビデオはオススメしません!
モンスターバンドの醍醐味が一杯です!
ライヴ・ウィズアウト・ア・ネット [DVD]

ライヴ・ウィズアウト・ア・ネット [DVD]

  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • メディア: DVD




ヴァンヘイレン ツアー ブログトップ






この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。