So-net無料ブログ作成
検索選択
容疑者Xの献身 放送 ブログトップ

容疑者Xの献身 放送 [容疑者Xの献身 放送]

今晩21時より、容疑者Xの献身が放送されますね。

好きな本、映画のひとつです。
本はあの東野圭吾氏の作で、ガリレオシリーズの第3弾です。


まだ読んだ事、見た事の無い人の為に....

花岡靖子(松雪泰子)は娘・美里とアパートで二人暮らし。

そのアパートへ靖子の元夫、富樫慎(長塚圭史)二が彼女の居所を突き止め訪ねてくる。

どこに引っ越しても疫病神のように現れ、暴力を振るう富樫を靖子と美里は大喧嘩の末、殺してしまう。

今後の成り行きを想像し呆然とする母子に救いの手を差し伸べたのは、隣人の天才数学者・石神(堤真一)だった。

彼は自らの論理的思考によって二人に指示を出す。

そして3月11日、旧江戸川で死体が発見される。警察は遺体を富樫と断定、花岡母子のアリバイを聞いて目をつけるが、捜査が進むにつれ、あと1歩といったところでことごとくズレが生ずることに気づく。

困り果てた草薙刑事(北村一輝)は、友人の天才物理学者、湯川(福山雅治)に相談を持ちかける。

すると、驚いたことに石神と湯川は大学時代の友人だった。彼は当初この事件に傍観を通していたが、やがて石神が犯行に絡んでいることを知り、独自に解明に乗り出していく。

 

ってストーリー。

 

もちろん結末はここでは言いませんが、是非ご覧になってみて下さい。

 

キャストの面々の演技力は凄まじい程の迫力が伝わります。

特に堤真一の演技には圧巻。

「数学の研究」に日々没頭する一高校教師ではあるが、湯川から「天才」と言わしめる。しかし湯川との対比では、

どちらかというと、「着の身着のまま、独り言を言っていそう」などの雰囲気を漂わせつつ、意中の自らを犠牲にしてまで献身を尽くす....

最後の石神の叫びには、「悲しさと達成感」が表されていると感じます。

全編において、ハデな画像演出などは一切なく、トリックへの切り崩し、容疑者と周辺人物の心理描写などが、克明に表現され「傑作」と思います。

容疑者Xの献身 (文春文庫)





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
容疑者Xの献身 放送 ブログトップ






この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。