So-net無料ブログ作成
検索選択
復刻版 ヒット連発 ブログトップ

復刻版 ヒット連発 [復刻版 ヒット連発]

飲料や菓子メーカーが、かつて人気を呼んだ商品の「復刻版」を相次いで発売し、好調な売れ行きをみせている様です!

可処分所得が比較的多い30~40代が、幼少時や青春時代を懐かしんで購入しているほか、東日本大震災による「喪失」を過去に戻ることで、埋めようという消費行動も影響しているよう.....

「は~ちみつれ~もん」。
サントリー食品インターナショナルが懐かしいメロディーのテレビCMとともに10月に復活させたのが、平成11年まで販売していた清涼飲料「はちみつレモン」だ。炭酸飲料タイプの「はちみつレモンサイダー」も併せて発売した。

「もう一度、飲んでみたいという要望が多かった」(担当者)という言葉を裏付けるように販売は絶好調。
11月までに当初目標の年内70万ケース(1ケース=500ミリリットル24本)を大幅に上回り、100万ケースを突破した。発売は25年前の昭和61年で、「そのころ子供だった30代前後が主要な購買層」(同)という。



アサヒビールは11月29日に、雄大な太陽のデザインが懐かしい「初号アサヒビール復刻版」を売り出しました

明治25年に発売したビールを、現代の技術で再現した。
「主力のスーパードライと違ったアサヒを楽しんでほしい」と担当者は話しています。


復刻版を使った販促キャンペーンを打ち出したのは、日清食品だ。看板商品「カップヌードル」の発売40周年を記念し、過去に発売された73種類から、もう一度食べたいカップヌードルを選ぶ「総選挙」を実施。上位3商品を11月から1カ月ごとに発売していますね。

総投票数は、予想の倍近い約187万票。
1位は「天そば」(発売1月)


2位が「ブタホタテドリ ローストしょうゆ味」(同12月)

3位は「スパイシーカレー」(同11月)。


「思い出の商品をまた食べてみたいという要望だけでなく、『天そば』などは、食べたことのない若い世代が投票していた」と、担当者は分析し、消費者の関心は高いそうです。


「古き良き時代への立ち返り願望が強まっている」と、分析するのは博報堂の蔦原治上席研究員。
「震災で精神的安定が揺らいだ消費者が、“幸福感”を再生しようとして、幼いころや青春時代に慣れ親しんだ商品によりどころを求めているのでは」と話しています。

懐かしの物って、何かいいですよね。
「これって、あのCMでこんな女優が出てたな〜」なんて回想できたり....

こういう復活物って、時々あるといいですよね。

でも、大半の復刻商品って、再CMしないので判らないままってのも困るのですけど....




復刻版 ヒット連発 ブログトップ






この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。