So-net無料ブログ作成
検索選択
八日目の蝉 実話 ブログトップ

八日目の蝉 実話 [八日目の蝉 実話]

永作博美が「第36回報知映画賞」で主演女優賞を受賞し、21日に東京都内で開催された授賞式に登場。

永作さんは「八日目の蝉」(成島出監督)で共演した子役の渡辺このみちゃんに花束を手渡されると「(劇中で誘拐するこのみちゃん演じる)娘を可愛いと思うほど罪の意識が生まれた。いまだに思い出すと泣いてしまうんです」と涙を流しながら撮影を振り返った。

八日目の蝉 [Blu-ray]

 

 

 

 

 

 

八日目の蝉 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: アミューズソフトエンタテインメント
  • メディア: Blu-ray

 

 

 「報知映画賞」は、報知新聞社が主催し、76年に制定された映画賞。永作さんは「八日目の蝉」のほか「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」(東陽一監督)にも出演し、主演女優賞を受賞。

「八日目の蝉」は作品賞も受賞。主演男優賞は「武士の家計簿」(森田芳光監督)などに出演した俳優の堺雅人さんで、「冷たい熱帯魚」(園子温監督)が監督賞と俳優のでんでんさんの助演男優賞との2冠を獲得。助演女優賞は「阪急電車 片道15分の奇跡」(三宅喜重監督)に出演した女優の宮本信子さんが初受賞した。

「一枚のハガキ」の新藤兼人監督、「大鹿村騒動記」の故・原田芳雄さんには、特別賞が贈られた

 このみちゃんは少し緊張した様子で授賞式に登場し、永作さんに「ずっと会いたいと思っていました。うれしいです」とあいさつをすると、永作さんは「うれしいです。いつもと違って緊張しているみたい」と笑顔で話しかけた。

また「八日目の蝉」の原作者の角田光代さんも登壇し「自分が書いたことも忘れるくらい、泣いた」と映画を絶賛していた。

永作博美さん、元アイドルグループribbonのメンバーで、芸能界一の酒豪と言われる程の人。

先日もスペシャルドラマ「愛・命〜新宿歌舞伎町駆け込み寺〜」で、渡辺謙さんとのW主演で迫真の演技を見せていましたね。

やうやう 永作博美

やうやう 永作博美

  • 作者: 永作 博美
  • 出版社/メーカー: リトル・モア
  • 発売日: 2008/01/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
今回受賞した「八日目の蝉」ですが、実話なのでは?という意見も出版当時はありましたが、類似の事はありました。
しかし実際にあった事件の方が当然残酷です。(日野OL不倫放火殺人事件1993年

映画の出来映えは抜群でした。その後に原作も読みましたが、後に原作を読んだ事により、本を読みながら涙してしまい
そうになるのは、そう滅多に有る事ではありません。

細かいストーリーを話すより、まだ原作をお読みになっていない方は、是非どうぞ。
八日目の蝉

 

 

 

八日目の蝉

  • 作者: 角田 光代
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2007/03
  • メディア: 単行本

角田光代さん作のラジオドラマも放送されますので、彼女のファンの方は是非!

タグ:八日目の蝉
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能
八日目の蝉 実話 ブログトップ






この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。