So-net無料ブログ作成
ワイルド7 原作 ブログトップ

ワイルド7 原作 [ワイルド7 原作]

俳優の瑛太、女優の深田恭子らが21日、東京・丸の内ルーブルで行われた映画『ワイルド7』の初日舞台あいさつに出席しました

映画『ワイルド7』は、望月三起也原作の同名コミックを実写化したもので、凶悪犯に対して国家から極秘裏に発動される抹殺命令を遂行する7人の元犯罪者「ワイルド7」が、バイクを駆って問答無用に悪人を一掃する。

彼らは凶悪事件の裏側に潜む国家の陰謀に気づき、仲間と共に国家に立ち向かっていくが――というストーリーで全国公開。

舞台あいさつでは、キャストの瑛太、深田のほか、椎名桔平、丸山隆平(関ジャニ∞)、阿部力、宇梶剛士、平山祐介、松本実と羽住英一郎監督が会場後方から登場すると、観客からは大きな歓声が上がった。

主人公・飛葉役の瑛太は「やっと公開されて嬉しい、北九州のロケで、トイレ掃除のおばさんに『飛葉になってるよ』と言われたことがあって……。それからは飛葉になりきって胸を張って演じました。格好良く仕上がってるので、原作ファンの人も知らない人も楽しんでもらえると思う」とあいさつ。

謎の女性・ユキを演じた深田は「アクションが多いので男の映画っぽいですが、私はワイルド7のファンになりました。是非、皆さん観て欲しい」と笑顔でアピール。

イベントには、原作者の望月三起也も駆けつけ、「ファンの目線で観て素晴らしい映画です。実は、20数年前に僕のサッカーチームに役者をやってる青年がいて『僕が映画に出たら見て』と言われていたんです。それが椎名さんなんですよ。約束を果たせました」と意外なエピソードを明かすと、椎名は「よく覚えてますね」と驚いていたが、望月に「図々しかったもん。とにかく態度がでかくて憶えてる」と言われて苦笑いしていた。

最後に羽住監督は「最近の男子はバイク離れとか草食系男子とか言われてるので、肉肉肉の唐揚げ系男子で行きたい」と"ワイルド男子"を宣言。

瑛太も「日本の男性に是非観て欲しいですね。彼氏や旦那さんを連れて来て一緒に楽しんで」とアピールした。


ワイルド7、懐かしいですね〜。実写化されるっていうのは聞いていましたが、こういったメンツで実現するとはね。
マンガ版は1969年から79年まで週間少年キングに掲載。
白バイヘルメットに今で言う「タレサン」掛けて、これも当時でいう「ナナハン」バイクっていう絵のタッチがかっこ良かった〜....
そうそう、30分モノでドラマ化もされてましたね、うっすらそっちも覚えています。


で、探してみました、当時のもの。
ありましたね〜、40年も前のオリジナルドラマ版


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
ワイルド7 原作 ブログトップ






この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。