So-net無料ブログ作成
検索選択

鳩山邦夫 戻りたい [政治]

2010年、自民党を離党した鳩山邦夫元総務相が21日午後、自民党に復党願を提出したことが、FNNの取材で明らかになりました!

復党願は、鳩山氏の代理が自民党本部に提出したもので、提出理由について周辺は、福岡・久留米市の地元から「年内に復党してほしいとの強い要請があった」としている。

しかし、鳩山氏の復党をめぐっては、自民党福岡県連との調整のめどが立っていないほか、2010年3月、新党構想を掲げて自民党を離党した際に
「自民党は賞味期限切れだ」などと語ったことなどから、党内に反発も強く、復党は困難との見方もある。

さらに鳩山氏の復党願提出をめぐって、自民党福岡県連元会長の古賀元幹事長が21日午後、谷垣総裁と会談し、復党を認めないよう強く要請した模様。


鳩山一家。変わった人が多いですね。
家訓でもあるのでしょうか....
「思いのままに行動せよ」とか(笑)

今回の問題児、邦夫氏。
一体何を考えているのでしょうか?
節操無いにもホドがありますし、子供の喧嘩みたいじゃあありませんか。
※もちろん復党は認可されないはずなので、子供の喧嘩後に仲直りはないのですが....

「流浪の政治家人生」を自でいく邦夫氏。
過去にも、問題発言の数々で批判を受けるたびに謝罪を繰り返すって事は、最近の鳩山家の流行でしょうか...
※この人スゴい数の問題発言がありますよ。これに懲りない学習能力と強心臓には驚きと共に飽きれますがね。

もちろん兄である鳩山由紀夫氏の言動にも、かなり周りは翻弄され、後始末も大変だったと思いますが.....

自民党とか特定の政党に加担するような記述は控えますが、自民党の現状の判断は「GOOD」です。

鳩山家四代-何が受け継がれてきたのか (祥伝社新書181) (祥伝社新書 181)

 

 

 

鳩山家四代-何が受け継がれてきたのか (祥伝社新書181) (祥伝社新書 181)

  • 作者: 梶原 英之
  • 出版社/メーカー: 祥伝社
  • 発売日: 2009/10/27
  • メディア: 新書




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース






この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。