So-net無料ブログ作成
2012ドラマ ブログトップ
前の10件 | -

孤独のグルメ 最終回 [2012ドラマ]

今期ドラマで、意外にオモシロかったのは”孤独のグルメ”でした。

実は、途中から見出した本作。
1話完結なので「見逃した〜っ」感は、一切ないほど連続性は関係ない類い。
http://www.tv-tokyo.co.jp/kodokunogurume/

しかし、主演の松重豊の存在感は良かった。
元々、寡黙な雰囲気を醸し出す松重氏。
ですが、映画、ドラマ、CMなどでは欠かせない名脇役の方の主演ドラマ。

m97-0357-120315.jpg運命の人にも出演していました

このドラマの内容ってのは、仕事で行った先でのふらっと立ち寄った定食屋、レストラン、居酒屋などで遭遇する「う、旨いっ」ってメニュー、あるでしょ!? それを松重風の演技で表現するのですが、これがオモシロいんですね。

殆どが、彼のナレーション主体で進行するドラマなのですが、そのナレーションのセリフがまたいい!
まさに、一人で食事をしに立ち寄った店での「気持ちを代弁している」というところが.....

各話で自分の地元駅の食事処が、意外にも取上げられているかも知れないですよ!

1話:門前仲町 焼き鳥
2話:駒込 煮魚
3話:池袋 担々麺
4話:浦安 静岡おでん
5話:永福 親子丼&焼うどん
6話:鷺宮 ロースにんにく焼き
7話:吉祥寺 メンチカツ
8話:川崎 
八丁畷の一人焼肉」
9話:下北沢 広島風お好み焼き
10話:東長崎 ショウガ焼き目玉丼
11話:根津 激辛カレー
12話:中目黒 ソーキそばとアグー豚焼き

それと、ゲスト俳優陣も意外な面々が出ているところもオモシロかった〜。

テレ東ならではの企画、出演陣なのでそれがまたイイ!
是非、続編も期待したいところ....

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

最後から二番目の恋 最終話 感想 [2012ドラマ]

とうとう、終わってしまいました”最後から二番目の恋”

中年のおじさんとおばさんの、今抱く恋愛観と、人生半ばをすぎた現実の恋愛への思い。

上手く描かれていましたよね。
ストーリー的には、コメディタッチが多かったですけど「クスッ」としてしまう様な、出演者のアドリブなのか?と思わんばかりのセリフのやり取り、しかし「しんみり」と語るシーンなどが上手く交差され、意外に飽きさせないのは、脚本と出演者の技量でしょうね。



ハッピーエンドは期待しなかった予想通りでしたが、最後の最後で其々の人物達のその後が気にかかる終わり方でしたね。

このドラマ「恋愛もの」なのでしょうけど、振返れば「cafe長倉」を舞台にした「ホームドラマ」でもあったのかと。

是非、続編を期待したいところですが、SPものでもいいので企画してほしいですよね。


劇中に使われている音も良かったですね。
エンディング曲はイマイチでしたが....

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

ラッキーセブン 瑛太なしでは... [2012ドラマ]

瑛太が画面から消えたことで何かと話題の松本潤主演「ラッキーセブン」。

再登場うんぬんは別としても、アクションシーンが見られなくなってしまったのを残念がるファンも多いよう。
そのため、「もはやドラマの見所は最終回の大野智くんの登場しかない」といった辛辣な意見もでてきています。


[以下引用]
松本潤主演の月9「ラッキーセブン」だが、スタート時には映画ばりのアクションエンターテインメントで松潤の新境地開拓とぶち上げていたのに、いつの間にか凡庸なホームドラマになってしまった。アクションを封印したため、見事に松潤の見せ場がなくなってしまっている。

というのも、各回ごとに探偵一人ずつにスポットを当てており、今回は大泉の番。

よって主役の松潤の出番は少ない。大泉と松潤が2人して情にほだされたお人よし探偵の設定とは芸がなさすぎる。
かわいそうな老女のために、しゃかりきになってただ働きするちまちました話では話の広がりようがない。

松潤のライバル、瑛太が第5話で事務所を退社、画面から消えてしまったための路線変更らしい。
2人の肉弾戦はかなりの迫力で、テンポもよく大いに期待させてくれたのに残念。

サイドストーリーの淳平のお見合い相手(中越典子)との恋話も、とってつけたようないい人話。
とんでもないわがまま娘に大泉が翻弄されてへとへとになったり、スケコマシの設定だった松潤が本領発揮、女たちをメロメロにするセクシー探偵にするくらいの冒険が見たかった。
せっかくの逸材である松潤を活かしきれていない大誤算の脚本が惜しまれる。


最後の謎解きで瑛太が消えたわけと松嶋の父親の亡くなった事件が明らかにされる模様で、最終回の見どころは、春ドラマ月9の主演、リーダー大野智がどんな形でゲスト出演しているかだ。


視聴率は16.3→16.9→15.2→15.4→15.2→14.6→13.6→15.5と盛り返していますし、現在トップを走る竹内結子主演の「ストロベリーナイト」にも迫りつつあります。

瑛太はドラマ収録中に始まる舞台稽古の為、元々は途中までの出演だった様ですが、ドラマの展開、スピード感には
欠かせないトコロでした。
ある意味、「主役を食った俳優」でもあったので....

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

ビッグダディ ドラマ化 主演 [2012ドラマ]

テレビ朝日が誇る人気特番「痛快! ビッグダディ」シリーズがドラマ化されるとの仰天情報!
特番ドラマ「ビッグダディ」(仮題)は今秋にも放送予定。

主役はなんと、「家政婦のミタ」で大ブレイクした松嶋菜々子さんの夫で、現在は山下智久さん主演「最高の人生の終り方」に出演している反町隆史。
3097_128213945500.jpg [→] 無理っぽい配役だがな?....

そして、最凶の妻役には話題の中島知子を予定していたものの、現在洗脳騒動の最中ということでやむなく断念し、代わりに森三中から村上和子が選ばれた、ということですが…
ET20081110144739297L0.jpg? [→] 意外にマッチングはOKかも!? 田舎の若おばちゃん的要素イッパイだし。


<以下引用>
同番組は林下清志さん(46)が15人の家族を養うドキュメンタリー。
過去24回も特番化され、高視聴率を獲得する人気だが、最近は一部メディアでヤラセ説が報じられるなど、番組継続に黄信号がともっていた。

「話題性があるうちにドラマで最後を締めくくろうと、ドラマ化が企画された。制作費は1億円。テレ朝にしたらかなりの投資額だ」
(制作会社プロデューサー)


「妻役には森三中の村上和子が、子役には『Hey!Say!JUMP』のメンバーが抜てきされる。他にも接骨院の院長役に渡哲也、家族の面倒を見る市役所職員として西田敏行など、大物が脇を固める」
(関係者)


実はこのスペシャルドラマ、今年春に放送される予定だったとも言われていました。

「妻役にオセロの中島知子の名前が挙がっていた。でも、洗脳・自宅籠城騒ぎで一向に話が進展せず、企画が止まっていたんです」
(関係者)

ここにも中島騒動の余波とは驚きだが、反町の代表作になるかも。
<東スポ>


中島知子が休養を始めたのは2011年4月で、ビッグダディが前妻・佳美さんと離婚し現妻・美奈子さんと再婚したのが明らかになったのが2011年5月。


中島は女優業も結構こなしていましたし、そういえば、こちらのドラマでは反町隆史と共演してました


最凶の妻役に村上和子というのはちょっと迫力不足な感は否めませんが、渡哲也に西田敏行、そしてジャニーズなどなど、ちょっとあり得ないような豪華な人選ということなので、今からどんなドラマになるのか気になります。

ですが、ビッグダディのあの風体と印象がここ6年程の番組で、いやっていうほど根付いています。
脚本にもよるのでしょうが、「ビッグダディ」と名のつくドラマで、且つ林下家程の家族構成でのドラマとすれば
反町とのギャップは大き過ぎると思うのですがね?...
まして、この人役になる為には、林下氏みたいな伸びきった坊主頭になんかはしないでしょうから....
?

 

個人的にオススメできる俳優は、連続もので無い事と本人とのギャップを埋められる俳優として「渡辺徹」でしょう。
手ぬぐい鉢巻、サンダル履き、整体師、子だくさん、どれもマッチングするでしょう。
演技力を大きく求められないドラマって事は反町起用案で理解しているので、ここはマッチング重視で「元ラガー」でしょうな。
無精ひげ、デッ腹でT-シャツ、タオル巻、サンダル履きなどしても違和感なしでしょ!?

M93-3664.jpg [→]最近テレビでは見かけませんが、変に痩せていたらアウトですが....



間違って、アイドルもどきだった時代のもの。

/ rakuten

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

観月ありさ 刑事に挑戦 [2012ドラマ]

女優、観月ありさ(35) が、4月スタートのテレビ朝日系ドラマ「Answer~警視庁検証捜査官」(水曜後9・0)で、刑事役に初挑戦することが29日、分かりました。

検証捜査係に 配属された才色兼備な女デカ役に「やっと刑事役が来た!」と気合十分。

refer001.jpg

水9を代表する刑事ドラマ「相棒」からバトンを受ける観月が、連ドラ21年連続主演 となる“記念作”で、どんな“アンサー”を導き出すのか注目ですね!

ナース、キャビンアテンダント、OLなどバラエティーに飛んだ職業を熱演してきた観月が、念願の刑事役で新境地を開拓します。

 「Answer-」は、警視庁捜査一課の“窓際部署”検証捜査係に配属された天才刑事が、鋭い観察眼とずぬけた行動力で本当の真犯人を見つけるミステリー。

 観月が演じるのは、冤罪などを未然に防ぐため、解決済みの事件を再検証する検証捜査官、新海晶。東大法学部出身でキャリア警官として所轄の署長を務めるほどの超エリートだったが、ある事件をきっかけに出世街道を外れ、検証捜査係の管理官に配属される。

 実際は捜査報告書の誤字脱字をチェックし「検証済」の判を押す“役所仕事”だが、観察眼、行動力、正義感と三拍子そろった天才刑事の晶は本気で「検証捜査」に乗り出し、“アンサー=真犯人”を導き出す。

 モデルなみのクールビューティーでありながら、気さくな女刑事役に観月を起用した三輪祐見子プロデューサーは「誰も見たことのない、美しく頼れる 刑事像を作り上げたい。観月さんは、凛とした美しさとさまざまな職業を演じてきた柔軟な演技力で、必ずそのイメージを実現してくれる」と期待を寄せる。

 史上初の連ドラ21年連続主演の偉業を達成した節目の作品で、念願の女刑事役に初挑戦する観月は「警察モノのドラマを見ることが好きなので、出演 依頼があった時は“やっと刑事役が来た!”と思いました。難しい(業界の)言葉がたくさん出てくるので、早く慣れたい」と胸を高鳴らせている。

 同作は「臨場」「遺留捜査」など人気刑事ドラマを送り出した水曜9時枠で放送。
水谷豊(59)演じる杉下右京が名推理を見せる「相棒シーズン10」の後番組としてバトンを受け継ぐ。

 観月は「晶は、ちょっと浮世離れした“変わった人”。みんなに愛されるキャラクターが作れたら」と女優魂を燃やしています。
y1pJIzfaNMmGC3YbhsvmlCKcCGbXOVPr0TlxYJBuRXs_GA7ez3TB3ZBdAHY3dd3IDeoUGvxw5q7K6E.jpg

共演者はまだ公表されていませんが、おちゃらけドラマに出ていた感のある彼女ですが、ドラマがドラマだけに
共演者もグッと渋くいってもらい、真面目なところも見せられる彼女であればいいかなと...

19 Rooms

19 Rooms

  • 作者: 鶴田 直樹
  • 出版社/メーカー: 赤々舎
  • 発売日: 2009/11/12
  • メディア: ハードカバー



 


タグ:観月ありさ
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

最後から二番目の恋 8話目 感想 [2012ドラマ]

最後から二番目の恋 8話目  感想です


昨日の展開は、真平と千明の晴れて恋仲になった過程と、和平と二股?の行方的な部分にクローズアップが
されていましたが、中でもカフェ長倉での、和平と千明の口論から酔ってどーでもよくなるまでのあの口論
のシーン。

セリフとしては台本にあるのかも知れませんが、何かアドリブの応酬(ほぼ中井貴一のね)に聞こえるくらい
オモシロかったですね。


そんなやり取りがあった翌日の酔いつぶれた面々で、内田有紀と千明のキス。
それを見てしまった真平の顔面蒼白さ。

何か、次回への布石なのですが、どうなるのでしょうか??

なんにしても、最初っから最後まで笑ってしまった8話でしたね。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

今期のドラマですけど..... [2012ドラマ]

1月から始まった、ドラマですが、個人的に今現在も興味の対象として「見続けている、られているドラマランキング」を羅列しますね。


ランキングにある各ドラマは1話目は見ました。
しかし、回を追う毎、もしくは初回で「さよなら」になっていくなどをランキング表示順に「さよなら」した順で掲載します。
※数値は直近放送後までの平均視聴率



10位:理想の息子? 12.20%
    初回の数十分で断念しました。内容がなさ過ぎで共感のかけらもなし
    裏で放送していた、「キルトの家」の方が良かったですね。

 9位:ダーティーママ? 10.97%
    初回を完全に見ましたが、設定があり得なさ過ぎで、これがまかり通るドラマなら、今後は
    何でもありで、そのうち怪獣でも出てくるのではとあきれてしまった

 8位:最高の人生の終わり方 11.16%
    3回程見ました。出演者の演技力は別にいいのですが、葬儀屋が「死の追求」なんかするの?と
    探偵まがいの事が続くのなら、価値なしと思って.... 

?? 7位:ハングリー 12.66%
    主演の演技に無理があるのと、某ジャニーズの彼の演技が、最近のどのドラマでも一緒で、興味減。
    コーラスデュオの片割れもドラマ初出演ですが、基本的に存在感なし、演技は最低。
    結局、無理して突っ張った役を演じている主演の俳優だけが、空まわっている姿に同情....
    
    途中から、裏で放送していた地味ドラマ「タイトロープの女」を見ましたが、結局火曜の22時台は
    魅力的なものが今期はなかったようで....    

 6位:ラッキーセブン 15.31%
??????????? 初回のインパクト(主に瑛太ですが)があり、彼が主役であれば良かったのですが、あくまでジャニー
    ズ枠であるので、主役の子には期待していましたが、ストーリー自体が何か中途半端。
    最近よくあるドラマの雰囲気で、コメディと中途半端なマジメ感をMIXし過ぎで、見終わっても何も残り
    ませんでした。役者殺しの脚本ですね。素材が生かされていないって事。

 5位:早海さんと呼ばれる日 10.41%
    主演女優のファンなので、期待を持ってみましたが、「平成版 寺内貫太郎一家」的に映る、2時間ドラ
    マの帝王の父親役の演技に無理が生じて、幻滅。
    元々格差のある家庭出身者同士の結婚では、ここまでの波乱さはどちらかが婚前時点で周知するでしょ 
    うし、大体あそこまで父を批判している息子らが同居できるはずなんてない!のでは....
    逆に、ワガママていたらくな父親と、失踪した母の再生の道を嫁が作り上げるって構図の方がいい感じ
    が...
    お涙頂戴的要素もあるっぽいですが、申し訳ないですがなんら響きません。     


[↑]ここまでのドラマは既に見ていません、さよなら....でした
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
[↓]ここからは、まだ見ています。リアルタイムで無理なら録画してでも見ています、今のところ。

 4位:聖なる怪物たち 7.65%
?????????? もろに主演俳優を存在感で食ってしまった、ドラマ。
    内容的には、2時間サスペンス物を、1クールで進行している感じですが、同時間の他局ドラマと比較すれ
    ばあきらかにこちらの方が、見ていてオモシロい。
    今旬俳優もでていれば、ミステリアスとして筆頭にあがる女優の執拗なほど怖い演技など、過剰な演出も
    ありますがね。でも、タイトルだけがちょっとイタダケナイ気がします。
    未だに主人公のイメージが外科手術する風体には見えませんけど.....


 3位:ストロベリーナイト? 15.78%
? ? ? ? ?? ドラマスタート前のSP版をみて、興味をそそったドラマでした。
    主人公の演技には迫力を感じますが、ドラマ上で辛い過去を背負い刑事になった事を加味しても、「ここ
    まで人格とか変わるのか!?」ってくらい、激変しているトコロはちょっと過剰かな。
    ストーリー的には、この主人公が時折見せる「刑事の勘」を力説し、上司、同僚の反感を買いながらも事
    件解決するのですが、回数を追う毎に視聴者が「推理する楽しみ、どうなるのか来週は?」ってところが
    薄れて来ています。1話完結だったり、無駄に2週またぎだったりと、何か落ち着かないのと、主人公を取
    り巻く「上司ファンの部下達」が、これまたちょっと違和感を....
    刑事ドラマなので、本筋に戻り「視聴者に推理させる」事に重点をおいて欲しいんですけど。
    前期同枠の「絶対零度」の方が、スピード感と推理過程、決着という部分がちゃんと押さえられ、見続け
    られましたね?。 ?????


 2位:最後から二番目の恋 12.21%
    生意気な事は言えませんが(いや、いままで結構[↑]で生意気いっている)、脚本、出演俳優陣の役割が
    しっかりできていて、毎回の進展に興味そそられるドラマです。トータルバランスがいいんですね。
    コメディチックにこなす場面と、ちょっとシリアス具合を醸し出すところのバランス。
    もちろん、主役2人の日常と変わらないのではと思わせる程の演技だったり、アドリブかの様なセリフまわ
    しなど見ていてオモシロいですし、周りの役者さんもくすぐられるフレーズをオモシロく演技するところ
    など秀逸。
    タイトルもまたいい!
    おそらくですが、ドラマの最終回を迎えても「さして残る物はそれほどない」のかも知れません。ですけ
    ど、連ドラとして、イマドキ40代50代の恋愛観を映し出す内容において、あまり残像が残るのもどうかな
    と...
    あくまで主観ですがね。「結局はこうなって終わりなんだ?」の方が、この手のドラマとしては正解なの
    かな。SP版でその後の長倉家ってのも、アリだしね。

 1位:運命の人 11.63%
    今期、一押し、期待のドラマでした。
    なにせ、前期の同枠ドラマがあれだったんで、期待感はひとしおだったんですね。
    原作者のファンという事もありますし、既読しているのでおおまかな進展は察する事は可能なのですが、
    やはりビジュアルでみるストーリーってのもいいですから、しかも事実を基にしている社会派ドラマです
    ので、一般的には評価を得難い内容だと思いますが、内容としてはNHKの大河と同格のものだと思いま
    す。
    俳優陣の重厚さは負けず劣らずですし、他の連ドラとは当然、緊迫感が違いますからね。
    視聴率は決して高くはないのですが、役者の演技力が露呈されています程の、内容を持ったドラマです
    ね。ですから、お遊び系というか今ドキの本職が俳優じゃあないタレントなんて誰も出ていませんね。
    唯一、芸人が病弱夫として出ていますが、彼の演技力はまあまあ評価を得ているほどしっかりしています
    から、別枠で考えてくださいね。

と、まあこんな感じで、あくまで所感で主観、勝手でワガママなんあですが.....

 


タグ:ドラマ評価
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

最高の人生の終り方 終わり方が最高にならない [2012ドラマ]

視聴率が10%を切ることも珍しくなくなってしまった、ジャニーズの山下智久主演「最高の人生の終り方~エンディングプランナー~」ですが、山下や前田敦子の演技力に対する批判がある一方で、あまりにもお粗末な脚本こそ低視聴率の原因だとする意見もあるようで...


<以下引用>
TBS系木曜ドラマ『最高の人生の終り方~エンディングプランナー~』が、2月23日に第7話「ありがとう兄ちゃん~妹の初恋」を放送した。
脚本の粗が目立つ作品ながら、主人公とその妹を演じる山下智久と前田敦子の兄妹愛が光った。


『最高の人生の終り方』は現代でタブーとされがちな死を扱ったドラマとして注目を集めたが、脚本の粗が目立つ。

第2話「涙と葬儀屋の謎」では警察御用達の葬儀屋が警察に「お清め」と称してビール券を贈る。これは公務員倫理上問題。現実に公務員がタクシー利用時に運転手から酒を提供される居酒屋タクシーが問題となりました。

警察にビール券を贈る発案者は井原晴香(前田)である。葬儀屋としての経験の浅い主人公・井原真人(山下智久)を指導している。国民的アイドルグループAKB48の不動のセンターが、大人の事情を知り尽くしている世渡り上手を演じることはアイドルへの幻想を破壊する効果がある。

第4話「遺産相続~白紙の遺言状の涙」では遺言書と思っていたものを家庭裁判所の検認を経ずに開封した。
遺言書を家庭裁判所外で開封することは民法1005条によって5万円以下の過料に処せられる。

但し、ここで開封された遺言書はタイトルに「白紙」とあるように法律的な遺言書の要件を満たしておらず、民法1005条違反にはならない。
タイトルも「遺言書」ではなく、「遺言状」としており、遺言書無断開封の問題から逃げられるようにしている。しかし、それは悪しき結果オーライの考え方である。

当事者達は遺言書だと認識していた。当事者達は民法1005条を知らないか、知っているならば故意に法律に違反する意思で開封したことになる。
無断開封は警 察官や葬儀屋が同席する中で行われた。葬儀屋という相続問題と接点のある職業の人間が、遺言書無断開封に関わらせることはドラマのリアリティーにとって致 命的である。
<引用ここまで>


ドラマを見ていない人には何のことやら?といった感じでしょうが、ここで指摘されている脚本の“粗”は、専門家からすれば「なんだこれ!?」ってレベルなのでしょうね。


ちなみに、このドラマの脚本は舘ひろしさんと新垣結衣さんが共演した「パパと娘の7日間」や、フジテレビの「名前をなくした女神」などを手掛けてきた渡辺千穂さんという方。

そして、アラはまだまだ続きます

<以下引用>
さらに教師と女子高生の教え子の肉体関係が描かれる。
第6話「哀しき不倫愛の結末~孫への愛」では教え子側の成長という視点で物語が進み、大団円の終わり方になっているが、現実には通用しない。

不倫という点がクローズアップされたが、社会的には教師が教え子と関係を持ったことの方が問題である。
いかなる背景があろうと懲戒免職ものである。

教師と教え子の関係という点では2011年放送のフジテレビ月9ドラマ『大切なことはすべて君が教えてくれた』が現代版『高校教師』を彷彿とさせながらも、 結局は何もなかったというオチであった。
何もなかったとしなければ現代の道徳観念では主人公を擁護できないからである。

今回も晴香が小学校の校長先生(竜雷太)の送る会を仕切るという感動的な展開に仕上げたが、強盗犯に殺害されるという校長先生の悲劇的な死に対する無念さや悔しさという感情が見えない。
寿命で亡くなった場合と殺された場合の反応は同一ではない。
近年問題になっている孤独死という展開にした方が自然であった。


警察御用達の葬儀屋として殺害された死体に見慣れているとしても、知っている人が殺された場合は衝撃を受ける。
実際、第2話では無縁仏にドライな考えを示した晴香も校長先生は真心を込めて送ろうとし、同業者の一之瀬壮太(駿河太郎)に食ってかかる。

このように粗の目立つ展開であるが、それを吹き飛ばすものが妹思いの兄を演じる山下と思いをぶちまける晴香を演じる前田の熱演。

ジャニーズの山下とAKB48の前田というアイドル人気先行のキャスティングに見えるが、そのアイドルの演技にドラマが救われている。
<引用ここまで>

 

最近のジャニーズにしては珍しく「昭和臭する楽曲」なこの歌。
なんてったって、「セリフ入り」ですからね〜



上にあるように、竜雷太演じる校長先生のあまりにもショッキングな死に対して、なんの深追いもせずに淡々と進んでいくストーリーには、物凄い違和感を感じました…
今までのドラマ進行とは明らかに違いすぎって思うんですね。

さて、今晩は第8話の放送です。

そろそろ、各ドラマとも佳境に入るのですが、一話完結スタイルのこのドラマ、結局盛り上がりはなく、最低の終わり方をしていくのでしょうか?

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

竹野内豊 金ドラ出演 [2012ドラマ]

俳優・竹野内豊(41)が4月スタートのTBS系金曜ドラマ「もう一度君に、プロポーズ」(金曜、後10・00)で主演を務めることが24日、分かりました。

ちょっと「最後から二番目の恋」ってタイトルのニュアンスに似てはいますがね.....


同枠は、過去に不倫を描き人気となった「金曜日の妻たちへ」(83年)や、冬彦さんブームを起こした「ずっとあなたが好きだった」(92年)など 数々の名作を輩出した同局の看板枠。

竹野内本人も、過去に同枠の「真夏のメリークリスマス」「ヤンキー母校に帰る」で主演しています。

真夏のメリークリスマス DVD-BOX
[↑]共演は中谷美紀


ヤンキー母校に帰る Vol.1

[↑]市原隼人、相葉雅紀も出演


竹野内は、記憶を失った妻に再び恋をする夫を演じる。新しい形の大人のラブストーリーで、テレビドラマ史に名を刻んだ 名作のようなヒットを狙う。

 数々のドラマで主演を務めてきた竹野内が本格恋愛ドラマで、“金ドラ”の歴史に名を残すか!?

同枠は“金妻”のほかにも.....

「想い出にかわるまで」(90年)
「高校教師」(93年)
「誰にも言えない」(93年)
「愛していると言ってくれ」(95年)

など多くの名作を生み出してきた枠。
同局の老舗枠での主演に竹野内は「物語の空気感を大切にしていきたい」とコメント。

ドラマは、病気で記憶を失った妻と、もう一度恋愛をする姿を描いた本格ラブストーリー。
“金ドラ”としては久しぶりの本格恋愛物語で、TBSは「竹野内さんは言葉は少なくても、せつなさや葛藤を体現していただける。歴史に残るドラマにしたい」と期待を寄せている。

妻との愛を取り戻そうとする“アラフォー夫”を演じる竹野内は「物語で桜の木が象徴的に描かれています。1年に一度、春にしか思い出されない桜。記憶をなくした妻に、桜の木のようにもう一度思い出してほしいという気持ちはあるものの、『もう一度、初めから始めればいいのだ』と行動していきます。そんな2人の未来を、一緒に見届けていただければ」とアピール。

夫婦の愛など失ったものを取り戻す“再生”の物語を通じて、竹野内が大切なものは何かを伝えていく。


マジメ系ドラマの復活で「ドラマのTBS」の復権となるでしょうか?
期待したいところですね。

本人は現在は、役に入る為の準備中で、「考える人」状態でしょうね。

いや、逆に判りません。結構、ラフだったりして....


しかし、天海祐希の「カエルの王女さま」といい、竹野内の本作といい、さすが「研音」。
毎クールのドラマ出演が可能なほど、抱えている今旬の人材の多い事....

2人の所属事務所「研音」は、筆頭の役者に唐沢寿明を始め、他に反町隆史、速水もこみち、沢村一樹、江角マキコ、山口智子、りょう、片瀬那奈、榮倉奈々、菅野美穂、成海璃子など多数所属。



研音主要陣の出演作

不毛地帯 DVD-BOX 1


不毛地帯 DVD-BOX 1

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

天海祐希 美声再び [2012ドラマ]

女優天海祐希(44)が、フジテレビ系で4月12日にスタートする連ドラ「カエルの王女さま」(木曜午後10 時)に主演することが、27日分かりました。

財政難にあえぐ架空の地方都市を舞台に、ママさんコーラスグループを立て直すミュージカルスター役。
元宝塚歌劇団 の本領発揮か!?


b0145423_19534358.jpg 1272286296.jpg

天海演じる倉坂澪は、地元の恩師にコーラス隊「シャンソンズ」の立て直しを頼まれ、ニューヨークから戻ってくる落ち目の舞台女優。
澪と対立しながらもきずなを深めていくグループの中心人物、井坂忠子を石田ゆり子(42)が演じます。

天海は「ドラマを見ながらご家族で歌を口ずさんでいただいて、週に1回、この時間は日本中で同じ曲を聴けたらいいなと思う」とコメント。

石田は 「天海さんと聞いた時点で、すごく面白いと思った。私はもう絵が見えてます」と興奮気味に語り、「天海さんパワーに負けないようついて行きたい」とコメント。

女王の教室 DVD-BOX/天海祐希[DVD]


本作は米国の大ヒットドラマ「glee」と同じ、歌ありダンスありの「ショークワイア」と呼ばれるスタイルですね。

制作側は「歌って踊れるキャストだけを結集する」と豪語。
合唱だけでなく、登場人物が心情を歌に込める場面もあるようで、THE BOOM「風になりたい」、米CLUB「浪漫飛行」など、新旧のヒット曲に演歌まで取り入れた多彩な選曲も話題を呼びそう。

出演者は撮影前に1カ月という異例の準備期間を設け、ボイストレーニングの真っ最中らしいです。

GOLD DVD-BOX 天海祐希

このドラマ、正直「大当たり」しそうな予感がします。
ストーリーの詳細は判りませんが、設定自体はオモシロそうですし、「ママさんコーラス」っていう着眼点が、古くもあって、逆に天海祐希が出演することで新しく見えるような気がします。

あまり、コメディタッチのものは敬遠しますが、現在同枠で放送中の「最後から二番目の恋」のような、可笑しさと
真面目さが両方いいバランスで加わる内容だといいですね。

きっと、アラフォー、オバフィフ世代の女性には共感を得られる様な気がします.....

BOSS 2nd SEASON Blu-ray BOX [Blu-ray]

BOSS 2nd SEASON Blu-rayBox

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: Blu-ray




タグ:天海祐希
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
前の10件 | - 2012ドラマ ブログトップ






この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。