So-net無料ブログ作成
検索選択

元子役の行方 [ゴシップ]

元子役の小出由華(こいで ゆか・27)、野村佑香(のむら ゆうか・28)、あっぱれさんま大先生の住吉ちほ(すみよし ちほ・32)がテレビ出演していました。

7歳の時に「ウゴウゴルーガ」のルーガちゃんとして活躍して2006年には初写真集などでグラビアを披露して話題になった小出さんがフジ系「みみたこ」に元有名子役として登場。
long1334139469085.jpg
 
27歳の現在はアンデルセンに憧れてデンマークに語学留学しているそうで、子役時代について「学校には行っていたの?」という質問では忙しくてあまり行けなかったため、学校では通りすがりに死ねと言われるのは当たり前というほどイジメられていたことを告白。

現在の姿が映るとスタジオから「可愛い~」という声があがり、他に野村佑香や住吉ちほも出演していましたが、皆さん子役当時の面影はあって大人になっていました。

野村佑香
long1334139679705.jpg

住吉ちほ
long1334139820436.jpg
野村さんは去年結婚。住吉さんは内山くんとの交際を否定するなどしていましたが、2人とも現在も芸能活動を続けているそうです。




タグ:元子役
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

遊助 かなり似ている曲が多い [ゴシップ]

遊助(上地雄輔)の3rdアルバム『あの・・涙があるから愛があるんですケド。』(4日発売)が初週3.9万枚を売り上げ、週間アルバムランキング首位に初登場しました。
だが、このアルバムの曲に盗作疑惑が浮上しているとの噂が噴出!


遊助「空飛ぶ電車」
ケツメイシ「トレイン

遊助「かすみ草

SunSetSwish「夏色パズル」

遊助「一笑懸命」
薫と友樹、たまにムック。「マル・マル・モリ・モリ」

遊助「ひまわり」(1:16あたり)
My Little Lover「Hello, Again ~昔からある場所~」(1:06あたり)

1つのアルバムにこれだけ似たような曲があるのもすごい…。


タグ:遊助
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

敷金返還代理人業 [関心事]

賃貸住宅を退居するときに気になるものといえば敷金額。

少しでも多く返ってきてほしいのだが、大家、不動産屋と交渉するのもなかなか面倒なもの。
馴れていないと、言いくるめられてしまう事も!?



最近では弁護士などが敷金返還交渉を代理で行うサービスが増えてきているのをご存知でしたか?

法律の専門家が代理で交渉するとはいえ、金額が大きく変わることはあるのでしょうか? 
しかし「10万~20万円の差が出ることも珍しくない」とのこと!

以下、敷金返還代理サービスを行う司法書士法人中央グループの代表・原田康伸さんのコメントですが....

「敷金は原則返ってくるものですが、部屋の損傷に対し借主が原状回復を負担するという意味で敷金から差し引かれるケースがほとんどです。ただしこの『原状回復』の認識を貸主が間違えていることが多く、本来借主が負担する必要のない費用を請求されているケースが多いんですね。そこで私たちが、国土交通省のガイドラインに基づいて、適切な負担額を計算していきます」

国土交通省の発表したガイド ラインによると「原状回復とは賃借人が借りた当時の状態に戻すことではなく、賃借人の故意・過失などによる消耗を復旧する」こと。

つまり、住んでいる限り避けようのない消耗は借主ではなく貸主が負担するべきなのだが、避けようのない消耗まで借主が負担する場合が多いようなのだ。

「たとえば畳の表替えや、日焼けによる壁のクロスの張り替えなどは借主が負担する必要はありません。また、クリーニング代も原則貸主の負担で、たとえ契約書に借主が負担するよう明記されていても事前の説明が不十分であれば拒否することも可能」(原田氏)


反対に、タバコのヤニによる壁のクリーニングや雨の吹き込みで畳がダメになった場合などは借主が負担することになるが、その場合も全額を負担するのは適切ではないとのこと。
住んだ年数によって借主の負担額は減少していくことがガイドラインに明記されている。

ちなみに、敷金返還代理人に依頼を行うのは、貸主立ち会いのもとで部屋の内見を終え、借主が負担する原状回復費用の見積もりをもらってから。代理人は見積もりの項目と金額、あるいは部屋の写真などを見ながらそれらが適切かどうか査定していく。

妥当な金額を算出したら代理人が貸主に直接交渉。折り合わなければ 裁判へと持ち込まれるが、ほとんどの場合はこの交渉でまとまるようです。
ただし、このような代理サービスを行えるのは弁護士か簡裁訴訟の代理権を持つ司法書士のみ。また、交渉は行わないが書類作成のみの代理サービスを行う行政書士もいるようです。

敷金の返還額が増えるならぜひとも利用したいサービスではあるが、とはいえ依頼料もそれなりにかかるはず。返還額にあまり差がなかったときのことを考えると、骨折り損のくたびれもうけでは…?

「代理サービスの多くは成功報酬制。当初の見積もりと交渉後の額から差額を出し、そのうちの10~20%を依頼料とする機関が多いです。当社は裁判前までなら 一律2万9400円を頂いていますが、交渉してもそれほど額が変わらなそうな場合は事前に必ず説明し、場合によっては辞退していただいています」(同)

もちろん、貸主が提示してきた最初の見積もり額が適切な場合もある。代理サービスに依頼しようか迷った場合は、無料相談などを行っているところもあるので、まず見積もりの額が正当性かどうか確認してみるのがよさそうですね。



タグ:敷金返還
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

タッチ 26年後

「みゆき」や「クロスゲーム」など多くの人気マンガを生み出してきたあだち充氏が、高校野球を題材にした不朽の名作マンガ「タッチ」の世界から26年後 を舞台にした新連載を始めることが11日、明らかになりました。

5月12日発売の「ゲッサン」(小学館)6月号からスタート予定で、タイトルは「MIX(ミッ クス)」。
「タッチ」の続編であるか、達也やヒロインの浅倉南らが登場するかも含めて、ファンの注目を集めそうだ。

 4月12日発売のゲッサン5月号には連載予告が掲載され、「タッチ」主人公の上杉和也・達也兄弟の母校「明青学園」の前で、兄弟らしき子供2人がキャッ チボールをしているイラストが描かれ、「待望の大型青春ストーリー」と銘打たれ、さらに「舞台は明青学園--上杉兄弟の伝説から26年、今、再び、運命の 兄弟が明青学園の扉を開く。そして物語は始まる--」と書かれている。

 「タッチ」は81~86年に週刊少年サンデーで連載され、ラブコメブームを巻き起こしたマンガ史上に残る傑作の一つ。野球の才能はあるが、本気にならず 受け流すため「ダメ兄貴」といわれる上杉達也、まじめで注目を一身に集める双子の弟の和也、隣に住む幼なじみの浅倉南の3人を軸に話が進む。そして甲子園 の地方大会決勝を前に和也が事故死し、達也は弟の遺志を受け継いで本気で野球に取り組み、甲子園を目指すストーリー。テレビアニメだけでなく、劇場版アニ メ、実写ドラマにもなり、歌手の岩崎良美さんが歌った主題歌「タッチ」なども人気を博した。

 あだちさんは70年に「消えた爆音」(デラックス少年サンデー)でデビュー。80年に血のつながらない妹と同級生の2人の「みゆき」に振り回される優柔 不断な高校生が主人公のマンガ「みゆき」(少年ビッグコミック)と、「タッチ」がブレークし、両作品は82年に第28回小学館漫画賞を受賞した。その後 も、親友同士である剛腕投手と強打者のライバル対決を描いた「H2」、亡き幼なじみのために甲子園を目指す「クロスゲーム」などを世に送り出している。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

ザクとうふ [グルメ]

「機動戦士ガンダム」とのコラボレーションで、発売と同時に大反響を呼んでいる「ザクとうふ」

何、それ!?って方は多いでしょうね〜。

ジオン公国軍の代表的モビルスーツ「ザク」の頭部をモチーフにした容器入り枝豆風味の豆腐は、特にガンダム世代の購入意欲を直撃し、「テンション高まる食卓」を演出している模様。

20120410zaku_1.jpg

すごい売れ行きで、相模屋食料では増産体制に入ったらしいです。
そのワケを探ってみると.....

パッケージに型番が書いてある
どっから見てもザクな容器
容器の裏側にわざわざジオン公国軍マークが入っている
特設サイトもなかなか凝っている

など、パッケージや販促が凝っています。

さらに、発売早々、人気に拍車をかけたのが、発売記念のノベルティグッズとして同梱された「ヒート・ホーク・スプーン」(ザクが使う武器「ヒート・ホーク」をイメージしたスプーン)。

味に関しては“枝豆”への好みもあって様々な評価が見られるが、スーパーやコンビニで気軽に買える200円前後の豆腐でありながら、細部に至るガンダムへの“こだわり”が散りばめられていることが、ファン心を大いに刺激しているようです。

また、食べ終わった後の容器をゼリーやプリン、氷の型として活用しているのはファンとしては当然の心理で、「ザクとうふ」は食品+αの価値を与えている様です。

こんなにも世間を豆腐で沸かせているのは、相模屋食料株式会社という群馬県の老舗豆腐メーカーです。
同社の鳥越社長は、小学生の頃からガンダムの大ファンで、ずっとこの構想を温めていたとのこと。


で、ナイスなアイディア&よくぞ作ってくれましたという多くの拍手喝采コメントに続くのは、やっぱり次作への期待。特に「シャア専用ザク(赤色)」への声も多く寄せられているとか!?

ありそうでなかった視点で遊び心をくすぐる食品は、食卓も大いに盛り上がって、まさに「テンション高まる」場に。
次回作も含め、どんどんやっていただきたいものですね。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:グルメ・料理

船を編む 本屋大賞決まる [関心事]

全国書店員の投票で選ぶ「本屋大賞2012」の発表会が4月10日、東京・明治記念館で開催され、直木賞作家・三浦しをんさんの小説『舟を編む』(光文社)が大賞を受賞。


Amazon  舟を編む


出版社の辞書編集部を舞台に、新しい辞書『大渡海』の編纂(へんさん)に奔走する人々を描いた作品。
光文社の女性ファッション誌『CLASSY』の 2009年11月号~2011年7月号に連載され、華々しいファッション雑誌の中で「辞書づくり」という一見地味なテーマを扱ったことで、掲載当時から話題を呼びました。

単行本の刊行は昨年9月。紀伊國屋書店の書店員が選ぶ「キノベス!2012」で年間1位に輝くなど、発売直後から全国書店員の高い支持を集めていました。

三浦さんは1976年生まれ。就職活動に奮闘する女子大生を描いた『格闘する者に◯(マル)』で2000年にデビューした後、2006年には「便利屋」 を舞台にした『まほろ駅前多田便利軒』で直木賞を受賞。

 


さまざまな職業のディティールにこだわった作品を多く執筆していることから、“職業小説”の名手として知られています。

本屋大賞受賞作は例年、映画やドラマなどで映像化されており、リリー・フランキーさんの『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン 』(2006年受賞 作)、湊かなえさんの『告白 』(2009年受賞作)など、大ヒットを記録したものもある。


昨年も東川篤哉さんの『謎解きはディナーのあとで 』(2011年 受賞作)がTVドラマ化されたことから、『舟を編む』も映像化のオファーが殺到するものと見られる。

 第9回目となる今回は、2010年12月1日~2011年11月30日に刊行された日本のオリジナル小説が対象。書店員が「いま、一番売りたい本」を3 冊投票する一次投票には、過去最高となる全国431書店560人が参加し、上位10作品がノミネートされた。大賞を選ぶ二次投票には全国302書店、 371人が参加した。

ノミネート10作品の順位は以下の通り。

■「本屋大賞2012」順位
1位:『舟を編む / 三浦しをん 』(光文社)
2位:『ジェノサイド/高野和明 』(角川書店)
3位:『ピエタ / 大島真寿美 』 (ポプラ社)
4位:『くちびるに歌を/中田永一 』(小学館)
5位:『人質の朗読会 』小川洋子(中央公論新社)
6位:『ユリゴコロ/沼田まほかる 』(双葉社)
7位:『誰かが足りない / 宮下奈都 』宮下奈都(双葉社)
8位:『ビブリア古書堂の事件手帖 』三上延(アスキー・メディアワークス)
9位:『偉大なる、しゅららぼん/ 万城目学 』万城目学(集英社)
10位:『プリズム / 百田尚樹 (幻冬舎)


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120410-00000303-webhon-ent
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

和田アキコ 携帯を真っ二つに [ゴシップ]

EXILEのTAKAHIROとの熱愛が話題になっているAKB48の板野友美。

その板野友美がホリプロのパーティーに出席した際、勘違いから和田アキ子に激怒され、大号泣する騒動が起きたとらしいですね。

騒動が起きたのは3月下旬に都内で開催されたホリプロのパーティー会場。

パーティーの最中、ずっと携帯を見ていたという板野友美だが、そこへ事務所の大御所・和田アキ子が遅れて登場。
しかし和田アキ子の登場に気付かなかったのか、板野友美は挨拶もせずに相変わらず携帯をいじっていたという。

すると和田アキ子がみるみるブチギレ。
板野友美に向かって「挨拶ぐらいせんかい!!」と怒鳴りつけるや、板野友美の携帯を真っ二つに折ってしまったという。
これには板野友美も大号泣。周囲は騒然となったという。

しかし板野友美が携帯をイジっていたのは週末に行われるコンサートの振り付けを確認するため。
忙しいAKBメンバーたちは振り付けを携帯の動画で確認しているのだという。

それを確認もせずに一方的に激怒し、携帯を真っ二つに折った和田アキ子。

振り付けを覚えていたのだとしても、先輩が来た時くらいはやはり手を休め、きちんと挨拶をするべきだったのでしょうね。
一生懸命になり過ぎて気付かなかったのでしょうか?

問答無用に携帯を折るとは和田アキ子もやり過ぎですね。
そんなにエラいのでしょうか、和田アキ子って。




タグ:板野友美
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

泉ピン子 暴言 [ゴシップ]

4月6日に放送されたフジテレビ系「ペケポン」の、泉ピン子の発言内容。

酷過ぎました.....。
案の定、ブログが炎上しています。

司会の上田晋也がポリープ手術で不在のため、代わりに上田の兄である上田啓介氏が登場したのですが、ピン子は上田の兄に対して存在を全否定するような暴言を連発。
まわりが引くほどの暴言の内容と、これに対する上田兄の反応とは…


<以下引用>
上田氏が司会を務めることについて、出演者らは「無理無理無理」と連呼し、「今日は帰るか」と席を立った。

最初は和やかな雰囲気だったが、ゲストの泉ピン子が出てきて状況が一変。
泉は登場するや否や、「おまえので出れるわけないだろ」と上田氏の頭を叩いた。
上田に「似てりゃいいってもんじゃないんだよ、テレビは」とダメ出しをした。

番組の進行がダレているとして、「おもしろくないんだよ」と泉は絶叫。
「おまえは熊本に引っ込んでろ」と言い、自己紹介をした上田氏に「あぁそう、つまんない」と切り捨てた。

「こんなものにね、公共の電波使わせてもったいない」、「おまえより収入は、はるかに何千倍も稼いできたよ」といった発言もあった。

「あたし、役者って消せるのよ、その人間を嫌いだったら」と泉が発言すると、出演者たちも顔が引きつっていた。

マツタケを食べたことがあるかと上田氏が泉に尋ねると....
「あんたよりは数食べてると思うけど」。
「なんだ素人、コラ」などとダメ出しを連発し、出演者たちが泉に合わせて無理に笑っているかのような場面もあった。
<引用ここまで>

上田のお兄さんは、映像制作会社の代表取締役を務めながら、地元の熊本ではローカルタレントとしてテレビやラジオにも出演しているのでまったくの素人ではありません。
が、まあプロではないとご自身も認めています。


<以下引用>
それにしてもピン子さんに対する皆さんの反応には正直戸惑っています…

ピン子さんは出来るだけオレとは絡まずにレギュラー陣の4人と絡みながら進行していくことも出来たはず…なのに素人同然のオレをイジるだけイジってくれた…

イジリ方がピン子さん独特の毒舌イジリだったのは事実だけど、無視されるのに較べたら全然…

今回かなりの方々を不快な気持ちにさせてしまった原因は、まぎれもなくオレの『力量不足』!…プロではないオレがこんなこと言うのもおこがましいけど…

ピン子さんのパワーに対抗してオレがもっとバンバンツッコミ返してたらあんな感じにはならなかったはずなんだから…
<上田啓介さんブログより引用>


半分素人の上田兄さんをMCに据えると決めたのにも無理はありますが、番組を見続ける事自体が苦しくなってきたのは事実でした。

そんなに泉ピン子はスゴいのか!?
そんなにエラいのか!?

いや、エラいからといって、あのような発言を繰り返す事って、人間性をも疑ってしまいました。
周りの出演者も、「ピン子さんだから....」って事で、大人しくしていたんでしょうけど、余りにも見苦しかった番組でしたね。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

バカリズム 才能開花 [お笑い]

現在ある音楽PVがネットで話題になっている。収録されている音楽が素晴らしいから? もちろんそれもあるのだが、それ以上に、PVのイラストがオモシロ過ぎると話題になっているのだ。

RAM RIDERが作詞・作曲を手がけた「HELLO starring ORANGE RANGE」という曲のPVには、人気グループORANGE RANGEの美しい歌声が収録されているのだが、音楽と同時に進められていくイラストが実にスゴイ!

そこには、ぬいぐるみを着た2人の力士を中心にしたストーリーが描かれており、見る人を絵の世界へと引き込む不思議な力が秘められている。それでは一体、誰がこのイラストを描いたのだろうか?

驚くことなかれ、なんとあの売れっ子お笑い芸人バカリズムがこのイラストを描いいます。
今回の彼のイラストには、多くの人が驚きや感動を覚えており、PVには次のようなコメントが寄せられている様です。


「なんだこの神コラボ!!!!」
「ちょ…。やばいな、これ。素晴らしい躍動感。筆ペンの可能性を見た」
「すげぇ楽しい! どうしたらこういう風な発想に行き着くのか?」
「絵も曲もハイセンスw」
「バカリズム最高です!」
「今朝から何度も観てるけど、マンガ家でもない人がこの動線(シャシャっとした動きを表す線)描けるのすごい」
「躍動感すごいなw」
「仕事でバリ腹立ってけどこれみ見て笑顔になってスキッリ! 熊の顔がうまい棒みたいでステキ」
「行司さんのウインクとダンスに胸キュン。笑」
「どういうことなのwww超面白いんですけどwww」
「これDVDにして欲しい(笑)」
 
バカリズムとRAM RIDERは、Twitterで知り合ったのをきっかけに親睦を深め、以前からお互いのライブなどでコラボしてきたという。

それにしてもバカリズムの人を楽しませる才能には、目を見張るものがある、
どうしたらそれだけのエンターテインメント性を培えるのか、ぜひとも教えて頂きたいものである。

しかし、バカリズム本人は「人見知り芸人」として、若林、有吉と共に有名です。
こもりがちな青春時代に、作画の才能が開花したということか....

PVこちら


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:お笑い

青島殉職 撮影大幅に遅れる [映画]

ドラマ・映画で大ヒットの人気シリーズの最新作『踊る大捜査線 THE FINAL』の劇場公開が大幅に遅れそうとのこと。

今年9月に公開が予定されていましたが早くて10月、下手すれば年内公開が間に合わないという一大事に!!

原因は、やはり織田裕二(44)と柳葉敏郎(51)との確執らしいですが.....
クランクイン前に修復されたと報じられていたのですが…。

織田のごり押しで、青島刑事は本当に”殉職”するのでしょうか?



(以下引用)
ラストシーンを巡って言い合いに発展した。撮影の半分も終わり、台本も完成しているにもかかわらず、織田が『殉職する』と言い出した。

ラストは大爆発したビルの中から、犯人を逮捕し大怪我を負った織田に柳葉が肩を貸すという、第一作と同じような内容の予定だったのだが、織田は青島を死なせると言って譲らない。
ラストを変えるためには撮り直しシーンが膨大に発生するため、柳葉が反対して撮影が中断してしまったとという。

他にも今回の『~THE FINAL』では、織田の要求が幾つも出されては脚本に反映されたという。

「現場では織田の事を"裏監"(裏の監督)と呼び、無茶な変更が飛び出しやしないかとスタッフは戦々恐々。たとえば、青島の殉職を感動的に演出するために、当初は予定されていなかった深津絵里扮する恩田すみれと青島が結婚の約束をするシーンも入ったりした。

それまで大人の対応をしていた柳葉もついに切れ、織田との絡みを最小限にするよう監督に頼み込んだほどです」(製作関係者)

現場が大混乱に陥ったことは想像に難くない。しかも現場では、2人が撮影以外で顔を合わせないようにスタッフが事前に無線機で連絡を取り合うなど、かなり緊迫した雰囲気になっているという。
(週刊実話より)

撮影前から織田と柳葉の確執はわかっていたはず。

しかし、フジは日テレに奪取された"視聴率三冠王"を取り返すため禁断の『踊る~』に手をつけてしまったわけですね。

なりふりかまわぬフジは4月以降、GP帯(19時~23時)で過去の連ドラや特番ドラマ、3本のシリーズと2本のスピンオフ映画をまた公開前には映画の前振りとなる、新作スペシャルドラマを放映する予定だとか。

このたびの『~THE FINAL』で、フジは早くも興行収入200億円超えのソロバンを弾いているという。
果たして思惑通りになるのでしょうか。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画






この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。